グレイヘアにはまだ早い…ここ数年で激増した「白髪」に困惑中!

体験談

50代に入ってから急に白髪が増え、ヘアサロンに行かなければならない頻度が増えてしまった、白髪が増えてこれまでのメイクや服装が似合わなくなってきた……。
50〜60代の世代の女性の中には、このような「白髪」に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

こうした自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「白髪」をテーマに、医師の白井先生にお話を伺ってみました。

STOP!増え続ける「白髪」 老け込んで見えるゴマ塩頭がつらい…

聡子さん(53歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

40代の終わり頃から気になり始めた白髪がここ数年、一気に増え始め、いよいよごまかしがきかないほどの量になってきたため、どうしたものかと思っています。
いっそ完全に白髪になってくれればかえって今時な「グレイヘア」にして楽しめるかな、とも思ったのですが、いたって一般的な容姿の私が「グレイヘア」にしたところでただの“老けこんだおばさん”になる可能性もあります。しかも完全に白髪が生えそろわないビミョーな状態で出社し、周囲に不要な気遣いをさせてしまうようなことは、絶対に避けなければなりません。
そうなると、やっぱりこまめに美容院に通うしかないのでしょうが、フルタイムで働いていますし、日程的にも金銭的にも3週間に一度美容院に通うのはきついです。
ただでさえ最近肌も頭皮も乾燥気味で、できれば頭皮に不要な刺激を与えたくないというのもあります。もう年齢も年齢ですし、白髪をなくすことはできないのかもしれませんが、どうにかこの白髪頭への急速な進行を食い止める方法はないものでしょうか?
何か良い方法があれば教えてください。

ご質問ありがとうございます。
加齢にともない白髪が生えることはごく自然な現象ともいえますが、中途半端に白髪が生えている状態は見た目的にも老け込んで見えてしまうため、気になってしまいますよね。
今回は、白髪の原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

白髪の原因は加齢などによるメラノサイトの働きの低下

髪の毛の毛母細胞には、メラノサイトという色素を作る細胞があり、若い頃はこの細胞が活発に働いて、頭皮内での成長過程で髪の毛に色素がつき、黒髪が生えてくる仕組みになっています。
ところが、加齢とともにメラノサイトの産生が衰え、色素の量が減ることで髪が白髪に変化していくのです。メラノサイトの働きが低下する原因としては、加齢やストレスなどによる体内の血流の悪化、鉄欠乏性貧血による栄養不足などが考えられます。

東洋医学では、「髪は血余(けつよ)」という言葉もあるように、血液や栄養の余りで髪が黒く豊かに保たれると考えられています。
こうしたことから、「血(血液)」の巡りをつかさどる「肝(かん)」や老化と深く関係する「腎(じん)」の衰え、体の冷えから「胃(い)」が弱ることも白髪の原因と考えられています。

次の章ではこのような「白髪」を改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

白髪を改善する簡単セルフケア3選

1.豊かな黒髪を育てる食生活を心がける

豊かで黒い髪を育てるためには、栄養面でのケアも大切です。偏食にならないよう3食バランスの良い食事をとるように心がけましょう。
特に鉄分の豊富な赤身肉やレバーなどを摂って貧血を予防・改善するとともに、髪の毛の主成分となる肉や魚、卵や豆腐などのタンパク質、ビタミンやミネラルをしっかり摂ることが大切です。
また、加齢にともなう「腎」の衰えを改善するものとして、黒ゴマや黒米、海苔、黒きくらげなどの食材も取り入れると良いでしょう。

2.ハーブティー&入浴でストレスケアを

加齢以外にも、ストレスによって血流が悪化することで白髪が増えてしまうことがあります。
ストレスを完全になくすことは難しいですが、考え方や捉え方を変えることでストレスを重く受け止め過ぎないようにしたり、溜め込まないようにする努力をすることが大切です。
嫌なことやつらいことがあった夜は、心を落ち着けるカモミールやラベンダーなどのハーブティーを飲むのもオススメです。ゆったりとくつろいだ後は、温かいお風呂に浸かって早めに就寝し、たっぷり睡眠をとるようにしましょう。

3.頭皮マッサージで血の巡りを改善する

精神的なストレス以外にも紫外線や乾燥などから頭皮がストレスを感じ、血行不良に陥ることも白髪の原因になります。日頃から頭皮をよくマッサージすることで血流の改善を心がけるようにしましょう。
頭皮マッサージで白髪そのものがなくなるわけではありませんが、加齢によって頭皮が薄くなったり、硬く突っ張ったような違和感を解消するのにも効果的です。
白髪予防やリラクゼーションの一環として、朝晩のケアタイムに取り入れて見ると良いでしょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

白髪を改善するために、市販薬やサプリの服用などの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、八味地黄丸(ハチミジオウガン)です。加齢によって白髪が気になり始めた方の体を温め、「気(生命エネルギー)」「血」「水(水分)」を巡らせて「腎」の機能を回復させる効果があります。
また白髪の症状に加え、疲れやすくむくみやだるさも気になる方には、体内の余分な水分を排出し、冷えを改善する効果もある牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介は下記リンクをご確認ください。
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

体内の巡りを良くして白髪が増えるのを防ぎましょう

今回は、白髪に悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
美しく豊かな黒髪をつくり、白髪を予防するには「肝」や「腎」を補う食生活を心がけ、朝晩の頭皮マッサージで体内の「血」や「気」の巡りを良くすることが大切です。
また、こうした気になる白髪の改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事