• HOME
  • 記事
  • 体験談
  • “美脚フェチ”の彼には見せられない!「下半身デブ」な私の真実の姿

“美脚フェチ”の彼には見せられない!「下半身デブ」な私の真実の姿

体験談

足がむくみやすく、ボッテリと肉がついていてメリハリがない、ちょっと太ると真っ先に下半身に脂肪がつく……。
30〜60代の幅広い世代の女性の中には、そんな下半身の脂肪の落ちにくさに悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

こうした自分ではどうにもならないダイエットに関する悩みや体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「下半身痩せ」をテーマに、医師の青木先生にお話を伺ってみました。

何をしても痩せないボッテリ下半身…引き締めるにはどうすればいい?

鈴香さん(31歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

今、会社に好きな人がいるのですが、同僚の間ではどうやら彼はいわゆる「美脚フェチ」と言われているらしく、そのせいでなかなか気持ちを打ち明ける勇気が出ません。
何を隠そう、中高生時代からずっと下半身デブに悩んできた私。不幸中の幸いというべきか、顔を含め上半身にはあまり肉がつかないタイプなので、長いスカートや高いヒールでごまかしていますが、ミニスカート姿なんて見られようものなら玉砕確実です。
先日も、仕事に取りかかってから数時間経つと、ふくらはぎがパンパンになり、足全体が腫れぼったくて歩くのもつらいほどに。お手洗いでこっそりスカートをまくって見ると、ただでさえ太い足がまるで丸太のように太くなり、パンプスから甲の肉が盛り上がっているではありませんか……。こんな足、やっぱり絶対見せられません。
「美脚フェチ」の彼をハッとさせるとまではいかなくても、ギョッとさせない程度には人並みの細さになりたいんです。
ちなみに、ジムにも通ってみたのですが、筋肉痛とむくみでさらに足はつらくなるし、食事制限しても落ちて欲しくない胸の肉が減るばかりで、一向に足やお尻の肉は落ちてくれません。こんな始末の悪い下半身太り、一体どうしたら改善できますか?

ご質問ありがとうございます。
女性は特に筋肉量が少なさからむくみが生じやすく、下半身に皮下脂肪が溜まりやすい傾向にあるため、下半身太りが体型悩みの大きな要因になりがちですよね。
今回は、スムーズに「下半身痩せ」をする方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

むくみや骨盤のゆがみ、老廃物の蓄積が下半身太りの原因

下半身太りの原因の多くは、重力の影響で足首に溜まった全身の老廃物を上手く排泄出来ずに、むくみや冷えが生じていることにあります。
本来は、ふくらはぎの筋肉が重力に逆らって血液や水分を上へと押し上げるポンプのような役割をしてくれますが、運動不足や加齢によって筋肉が衰えると、脂肪を溜め込みやすくなるだけでなく、このポンプ機能がうまく働かなくなってしまうのです。
また、アンバランスな歩き方のクセによりお尻の筋肉をうまく使えていなかったり、ヒールの高い靴の影響から足裏の重心が傾いた歩き方が習慣化していること、妊娠・出産を経て骨盤が歪んでしまうことも下半身太りの原因になります。

東洋医学的に言えば、下半身をスリムにするためには、全身をスムーズに巡るべき「気(生命エネルギー)」「血(血液)」「水(水分)」を滞りなく循環させ、溜まった毒素を排泄することが必要なのです。

次の章ではスムーズに「下半身痩せ」するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

下半身の脂肪を落とすためのセルフケア3選

1.体を温めて「気」「血」「水」を巡らせましょう

むくみの原因となる余分な水分を排泄するためには、体を温めて体内水分や血液の循環を良くすることが大切です。
特に、足首の冷えは下半身の老廃物の蓄積を招き、下半身太りに直結するため、その日のむくみはその日のうちに解決することが大切です。
毎晩入浴の際は浴槽にゆったりと使って全身を温めるのはもちろん、普段から素足で過ごさず靴下を履いて過ごしたり、冷えが強い時には足湯などをしても良いでしょう。
また、冷えを避けるには夏場でも冷たい水分を摂りすぎないようにすることも大切です。
オススメなのは、体を温める効果のある紅茶に、すり下ろしたショウガを入れて飲む「ショウガ紅茶」です。冷えやむくみが強い時には特にオススメです。

2.1日2回の足首回しでスッキリ脚に改善!

足首を触ってみて、ひんやりと冷たくなっているようなら、脂肪がつきやすい状態になっている証拠です。
夜、お風呂上がりで体が温まっている時や、寝起きなどに「足首回しエクササイズ」を取り入れて関節を緩め、血液やリンパの流れを良くしましょう。シンプルで簡単なエクササイズですが、毎日継続することで下半身をスッキリさせるのにとても効果的です。ぜひ実践してみてください。

◎足首回しエクササイズ
①座った状態で足首を片手で持ち、もう片方の手の指と脚の指をからませる。
②足首を持った手でくるぶしを押さえ、絡ませた方の手で足首をくるくると回す。
③右回し、左回しと繰り返して足指の骨を緩め、足がポカポカしてくればOK。

3.「正しい歩き方」で美尻&美脚を育てる

背筋を丸め、内股でペタペタと歩くのは、締まりのない下半身を自ら作り出しているようなもの。1〜3cm程度のフラットシューズか、高すぎないヒールで、脚全体の筋肉を使って姿勢良く歩くのが美しい下半身をつくるポイントです。
今日から正しい歩き方を実践し、キュッと上がったお尻と引き締まった太もも、むくみのないふくらはぎと足首を目指しましょう。

◎正しい歩き方
①脚と背筋をすっと伸ばし、目線はまっすぐ視線を伸ばした先より心持ち上を見る。
②お腹をすっとと持ち上げるように力を入れ、脚の付け根から踏み出す。
③かかとから着地→足裏の外側→足裏全体→親指の付け根の順で重心移動をする。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

下半身についた脂肪を落とすためには、セルフケアや市販薬の服用などの選択肢に加えて、根本的な体質改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)です。下半身がむくみやすく、筋肉量が少ない方の体に溜まった余分な水分を老廃物とともに流し、体を温めて代謝を改善する効果があります。
また、冷えが強く、ホルモンバランスの悪化から更年期以降に急に太りやすくなった方には、水分代謝の滞りを改善し、血液の循環を良くしてむくみを解消する効果のある桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてください。

体を温め、美しい下半身を育てる習慣を継続しましょう

今回は、下半身痩せのためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
健康的にダイエットするためには、まずは体をしっかり温め、むくみを改善して血液やリンパの流れを良くすることが大切です。継続的にできる「足首回し」や「正しい歩き方」を習慣づけて、スラリとした下半身に改善していきしょう。
また、こうした様々なダイエットにおいて、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアではなかなか痩せられない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事