やっかい過ぎる! 唇のニキビで穏やかな日常生活がストレスフルに……

体験談

唇の端にニキビができて笑うと口角が痛い。唇にブツブツと湿疹のようなニキビができてぽってり膨らんでしまった……。
30代の大人女性の中には、こうした「唇のニキビ」に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

このような自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「唇のニキビ」をテーマに、医師の青木先生にお話を伺ってみました。 

なかなか治らない唇のニキビ…スッキリ改善するにはどうすればいい?

瑞穂さん(36歳女性)、主婦の方からご質問をいただきました。

実は最近、口角や唇の周辺にプチっとしたニキビがいくつかできてしまい、食事はもちろん、水を飲んだり歯磨きをしたりするときにも邪魔で、うっとうしくて仕方がないんです。
先日も、トーストを噛んだ勢いでうっかりニキビのあるところを刺激してしまい、ニキビが潰れたのか、せっかく治りかけていたのにまた悪化させてしまう始末。
さらには、長く続いているマスク生活のせいで口周りが蒸れるのか、無性にかゆくなって爪でひっかいてしまうこともあり、治りかけては悪化したり、再発したりの繰り返しで、一向にニキビがスッキリ改善する気配が見えません。
最近では唇のニキビに塩辛いものやソースが付いたりするのが嫌なあまり、おにぎりやパンばかり食べ続けているせいか、胃腸の具合も思わしくなく、ストレスも溜まる一方です。
いい加減こんな食生活も改善しなければと思ってはいるのですが、先日も新たなニキビが一つ仲間入りしているのを見つけてしまい、もうゲンナリです……。
まずはこのやっかいな唇のニキビをなんとか改善する方法はないでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
唇や口の周りにできるニキビは胃腸が弱り熱がこもって起こるもの、とも言われており、消化機能の衰えとニキビは関係が深いとされています。
今回は、唇にニキビができる原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

唇のニキビはホルモンの乱れや胃の不調も原因に

顔の他の部位と同じように、唇まわりにもニキビができることがあります。
他の部位にできるニキビと同様に、ホルモンバランスの崩れから過剰に皮脂が分泌され、毛穴詰まりを起こすことにより生じることもありますが、疲労や胃の不調などの体内の不調により生じることが多いのが唇ニキビの特徴です。
また、ヘルペスウイルスに感染することにより、唇に「口唇ヘルペス」が生じることもあります。
唇ニキビとの見分け方としては、唇の上にできていることや、水ぶくれのように腫れてピリピリとした痛みなどがあることが挙げられます。ヘルペスが疑われる場合や見分けがつかない場合は必ず病院で診断を受けるようにしましょう。

東洋医学では「肌は内臓の鏡」と言われ、身体の状態が皮膚に反映されると考えられています。
特に、唇にできるニキビのことを「口瘡(こうそう)」といい、消化機能をつかさどる「脾(ひ)」と「胃(い)」が弱り、熱が溜まることによって起こるとされています。

次の章では、こうした唇のニキビを改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

唇のニキビを改善する簡単セルフケア3選

1.汚れや乾燥を防いで清潔にする

口角など、唇と口の周りの境目にあるニキビなどは、皮脂や汚れによって毛穴がつまってできたニキビの可能性もあります。
食事などによる汚れや乾燥が起きやすい場所でもありますので、常に清潔に保ち、保湿をして乾燥させないように心がけることが大事です。
唇とその周囲を洗う時は、洗顔料をよく泡だて、こすり過ぎないように指で優しくクルクルと撫でるようにして洗い、ぬるま湯で洗い流しましょう。

2.リップメイクを控え、唇に刺激を与えないこと

唇にニキビができるとつい気になって触ってしまいがちですが、手や指から雑菌が入ることで炎症がひどくなったり、他の場所まで炎症が広がったりしてしまうこともあります。
ニキビのある部分の乾燥や皮向けが気になる時は、舐めたりせずに、油分やステロイドの含まれない肌に優しい保湿剤をつけるようにしましょう。
また、ニキビの炎症のひどい時には、リップメイクを避けるのはもちろん、唇に刺激を与えるような辛いものや熱いものを食べるのは極力控えるようにすると良いでしょう。

3.生活習慣の乱れを改善して内臓機能を高める

唇周囲にニキビがある時は、胃腸などの内臓が弱っていることが多いと言われています。
過度なストレスや不規則な生活、睡眠不足や暴飲暴食などの生活の乱れにより内臓機能が弱まり、新陳代謝や免疫力が低下していることも考えられます。
まずは睡眠をたっぷりとることで体を休め、ストレス解消につながるようなことで心身をリラックスさせることで、肌のターンオーバーを促すようにしましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

唇のニキビを改善するために、抗菌剤やビタミン剤の服用、外用薬の塗布などの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)です。
不摂生な食事による胃腸症状がある方の「胃」と「脾」に溜まった熱を除いて口にできるニキビを改善する効果があります。
また、唇が乾燥して荒れやすい症状のある方には、「血」の巡りを良くして体に溜まった熱を冷ます効果のある桂枝茯苓丸薏苡仁(ケイシブクリョウガンヨクイニン)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてください。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

ストレスと疲労を改善して体調を整えましょう

今回は、唇のニキビに悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
ストレスや疲労を避け、良質の睡眠をとることで体の調子を整え、唇のニキビを改善していきましょう。
ケアをしても効果が見られず、患部に鋭い痛みを感じるようであれば、ヘルペスの可能性もありますので、判断に迷ったら病院で診断を受けることが大事です。

また、こうした気になるニキビの改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。
セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事