うちみ(打撲)・ねんざ(捻挫)に効果的な5つの漢方薬

症状別の漢方

突然の事故によるうちみ(打撲)・ねんざ(捻挫)

うちみとは、皮膚の表面には傷がなく、皮下の小血管が破れて内出血を起こし、皮膚が青くなったり、はれたり、痛んだりするものです。関節、とくに膝関節のうちみの場合、膝の中に血液がたまり、痛みがはげしいです。

ねんざは、関節がむりによじれて、脱臼(だっきゅう)の一歩手前まできた状態です。つまり、関節がはずれかかって、また元にもどったもので、痛みの原因は関節のすじが切れたり伸びたりするためです。足の場合が多いです。

うちみ・ねんざの応急手当

うちみの場合

なるべく幅の広い包帯(できれば弾力性包帯)で患部を固定し、安静します。はじめのうちは、もんだり、あたためてはいけません。四、五日は冷やすようにし、一週間すぎたら、温湿布に変え、患部の運動練習をします。

痛みやはれがいっまでもつづくようなら、骨折・脱臼・靱帯断裂(じんたいだんれつ)などのおそれがあるので、専門医(整形外科)の診察を受けなければなりません。

とくに頭を打った場合

まず安静に、頭をやや高くして寝かせます。軽い場合は一時的な意識不明だけで回復しますが、鼻出血・嘔吐・意識障害があるときは、頭蓋(ずがい)内の出血が考えられるので、絶対安静にして、医師の来診を待ちます。

外傷がある場合は、軽くても後遺症が残ることがあるから、できれば脳外科の診察を受けます。

ねんざの場合

足の場合、はれあがって靴が脱げなくなることがあるので、すぐに脱がします。処置

を誤ると、骨折より治療が長びくことがあります。

関節を動かさないように、患部の上からかるく副木(そえぎ)をあてます。副木には、かたい棒や傘・スキーのストック・すだれ・ほうきの柄、あるいは週刊誌や座ぶとんなどを応急に用いますが、できれば綿・布・やわらかい紙を副木に巻き、患部を避けて、二か所以上を包帯で固定しあます。部位によっては、副木ではなく、ばんそうこう、伸縮包帯でも可です。

氷のう、または水の湿布で患部を冷湿布します。市販の湿布薬は皮膚をかぶれさせるものが多いので、直接皮膚にはぬらず、ガーゼなどでへだてておきます。むやみにマッサージしてはいけません。冷湿布をつづけて五日~一週間たって、痛みとはれがひいてきたら、今度は温湿布で組織の回復をはかり、温浴によって機能を早くとりもどさせます。

場合によっては、骨折・脱臼のおそれもあるので、医師(整形外科)の診察を受けるようにします。

漢方では急性の瘀血証ととらえる

うちみ·ねんざは、漢方では急性の瘀血証(前述参照)と考え、おもに駆瘀血剤を用います。現代医学と併用すると、後遺症も少ないです。

効果的な漢方薬

三黄瀉心湯

不意に起こった事故で、精神不安が強くめまいなどがあるときによいです。

桂枝茯苓丸

うちみの常用薬。皮下出血、とくに紫色のアザによく効き、痛みをやわらげます。

桃核承気湯

患部がはれあがり 痛みが強く、便秘している人に用いられます。とくに会陰部を打撲し、排尿困難のときに不思議に効きます。

桂枝加朮附湯

痛みが慢性化し、気候の変化などで痛み、運動障害のあるものに効果があります。

芍薬甘草湯

痛みが強いときの痛み止めに。

関連記事

おすすめ記事