• HOME
  • 記事
  • 体験談
  • 存在感がありすぎるボリューミーなふくらはぎ。 ししゃも足を治したい!

存在感がありすぎるボリューミーなふくらはぎ。 ししゃも足を治したい!

体験談

筋肉の上に脂肪がつき、ししゃものようなふくらはぎになっている。ダイエットのために運動するほどにふくらはぎが太くなってしまう……。
このようなふくらはぎの脂肪の落ちにくさに悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

こうした自分ではどうにもならないダイエットに関する悩みの解消や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回はダイエットにおける「ふくらはぎ痩せ」をテーマに、内科医の田中先生にお話を伺ってみました。

むくみ太りのふくらはぎが悪目立ち!ヒールでごまかすのも限界です…

奈菜さん(34歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

若い頃から冷え性でむくみやすく、長時間座っているだけでも足がパンパンになってしまうのが悩みのタネでした。年齢を重ねてもその体質は変わらず、いつの間にかむくみなのか脂肪なのかわからないほど常に太い状態に……。
中肉中背の体に似合わず、ふくらはぎだけがボワン!と太い状態が嫌で、洋服でごまかそうとするものの、ふくらはぎや足首のシルエットが出ない服となるとかなり選択肢が狭められ、オシャレを楽しむことも出来ず、パッとしない毎日です。
スカートを履きたい日は、少しでもふくらはぎを細く、スタイル良く見せたくて、無理して高いヒールの靴を履くことも多いのですが、高いヒールで過ごした日に限ってむくみの症状が強く出て、ただでさえ太いふくらはぎがさらにパンパンに……。
ふくらはぎを細くしたくて食事制限のダイエットしたこともありますが、痩せたくない胸からどんどん脂肪が落ち、細くなってほしい肝心のふくらはぎはちっとも痩せないんです。
筋肉を鍛えるにも、ふくらはぎの筋肉を強化するとさらに太くなりそうで怖くて仕方がありません。やはりヒールでごまかしながらバランスを取るしか方法がないのでしょうか?
この頑固なふくらはぎ太り、なんとかする方法はありませんか?

ご質問ありがとうございます。
ヒールのある靴はその時スタイルが良く見えるのは確かですが、足に負担がかかり、疲労が蓄積することでふくらはぎのむくみや筋肉太り、姿勢の悪化の原因になることもあるため、なるべく控えたほうがいいかもしれませんね。
今回は、スムーズにふくらはぎが痩せる方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

ふくらはぎが痩せにくいのは脂肪細胞の肥大化が原因

ふくらはぎが太ってしまうのには、様々な要因があります。
運動不足と食生活の乱れから脂肪がつき過ぎてしまっていることに加え、体が冷えることによる血液やリンパの巡りの悪化、むくみや代謝の低下などがあげられます。
体が冷えると、全身の筋肉が硬くなり、血液やリンパの流れが滞ることで足首に老廃物が溜まります。こうして足のむくみが慢性化すると、ふくらはぎが太くなってしまうのです。

こうして溜まった老廃物が脂肪細胞に癒着すると、脂肪細胞が大きくなり、セルライトを形成してしまうことから、ダイエットをしてもやせにくい状態になることもあります。

次の章では、スムーズにふくらはぎが痩せる、具体的な方法をお伝えしていきましょう。

ふくらはぎを細くするためのセルフケア3選

1.有酸素運動で脂肪を燃焼させましょう

運動不足や食べ過ぎが原因の場合は、適度な食事制限と運動で脂肪を燃焼させるようにすることが大切です。
ふくらはぎの脂肪を効率的に燃焼させるためには、脂肪をエネルギーとして消費する有酸素運動がベスト。
ウォーキングやショギング、水泳など、30分〜1時間程度行い、週に3回以上継続することが大切です。
また、エスカレーターやエレベーターを使わずに、階段を使うこともふくらはぎ痩せはもちろん、太ももやお尻も含め、下半身太りに効果的です。
引き締まった足首を作るためにも、階段を上る際に足首をキュッと持ち上げるようにして上ると良いでしょう。

2.ふくらはぎの冷えを解消して体を温める

ふくらはぎのむくみが気になる方は、特に足を冷やさないようにすることが大切です。
足はもちろん、全身を温めて血行やリンパの流れを改善するためには、ゆったりと浴槽に入浴して体の芯まで温めるのがオススメです。
日頃から素足で過ごさずに、少し長めのソックスやタイツを履くようにすることを習慣づけたり、スカートよりパンツを選ぶなど、常に冷やさないように意識するようにすると良いでしょう。
また、食事では冷たいものの摂り過ぎを避け、体を温める効果のある生姜やタマネギ、ニンジンなどを積極的に取り入れたり、温かいスープにして摂るのもオススメです。
全身が太っている場合、食事制限も必要ですが、過度な食事制限は冷えを招き、代謝を低下させる原因もなります。間食や甘いものを控え、食事はバランスよくしっかりと食べるようにしましょう。

3.リンパマッサージで老廃物をしっかり流す

溜まってしまった下半身の老廃物をスッキリ流すためには、毎日のリンパマッサージでふくらはぎのむくみを解消して、血液やリンパの流れをスムーズにしましょう。

◎簡単!リンパマッサージ

①座った状態で右膝を立て、左手をアキレス腱内側に当てて圧を加える
②そのまま膝の方向に向かってゆっくりと揉みあげる
③反対側も同様に、アキレス腱外側に右手を当てて膝まで揉みあげる。
※内と外をそれぞれ15回繰り返し、左右行いましょう

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

スムーズにふくらはぎ痩せをするために、エクササイズや食生活の改善などの選択肢に加えて、根本的な体質改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)です。筋肉量が少なく、むくみが慢性化してセルライト化してしまった方の体に溜まった余分な水分を老廃物とともに流してむくみを改善し、体を温めて代謝を改善する効果があります。
また、過去に鍛えた筋肉の上に脂肪が蓄積してセルライトが出来ている方には、体内の余分な「熱」を発散し、老廃物の排泄をスムーズにして代謝を促す防風通聖散(ボウフウツウショウサン)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてください。

体を温め、血液とリンパを流してスリムなふくらはぎに!

今回は、スムーズにふくらはぎ痩せするためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
スッキリとしたふくらはぎを手に入れるためには、運動不足や食べ過ぎを控え、体を冷やさないようにすることが大切です。
また老廃物を溜め込まないように、むくみを改善するためのリンパマッサージを継続しましょう。
こうしたさまざまなダイエットにおいて、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアだけではなかなか痩せられない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事