• HOME
  • 記事
  • 体験談
  • どう処理する? へそのかゆみと格闘中、悪臭を放つ「へそのゴマ」が…

どう処理する? へそのかゆみと格闘中、悪臭を放つ「へそのゴマ」が…

体験談

へその中がなんだかかゆい。へそをかいていたら臭いへそのゴマがたくさん出てきた……。

こうした自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「へそのかゆみ」をテーマに、内科医の田中先生にお話を伺ってみました。 

おへそがかゆくて仕方がない! いじらないようにするのももう限界!

香子さん(53歳女性)、主婦の方からご質問をいただきました。

このところ、なぜだかわかりませんが、おへそが猛烈にかゆくて仕方がなくなることがあるんです。先日も、友人と外出して帰宅し、ストッキングを脱いだ瞬間におへそのあたりがムズムズとかゆくなってきたんです。思わずポリポリとかいてしまったのですが、かき始めるともう止まらなくなってしまって……。
よく見るとおへその周りまで真っ赤になって熱を帯びたように肌が火照ってしまったので、慌ててかくのをやめたのですが、気になって仕方がありません。
その日の夜の入浴後にも、血行が良くなったせいかまたおへそがかゆくなり、指で触れていたのですが、なんだか指から異様に不潔な感じの異臭がしたんです。慌てておへその中を覗いて見てみると、へそのゴマが幾つもへばりついていているではありませんか! いくら気づかなかったとはいえ、こんなに汚いものを体内に溜めていたなんてショックです。でも、昔から「おへそはいじっちゃいけない」と言われて育ってきたので、正しいおへそのケア方法すらわかりません。一体どうしたらこのおへそのかゆみと不潔を解消出来るのでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
へそは確かに内臓と繋がっているため、あまり奥まで指を入れたりいじりすぎるのはよくないのですが、ケアをせず放置してしまうと垢が溜まりやすく、細菌が繁殖しやすい場所でもあります。 
今回は、へそのかゆみの原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

へそのかゆみは細菌の繁殖が原因

へそは表面積が狭く、通気性が悪いため、角質や汗、衣服の繊維などのクズが溜まりやすく、様々な細菌の繁殖を招きがちな場所です。
こまめに洗浄をせずに、汗や細菌、角質が蓄積すると、かゆみや炎症、悪臭の原因になることがあります。

東洋医学では、生命の源と考えられているへそにはすべてのエネルギーの通り道とされる「神闕(しんけつ)」という経穴があるとされています。
「神闕」は自律神経を司るツボでもあり、へそのかゆみや炎症は、ストレスや疲労による「気(生命エネルギー)」の巡りの悪さ、また「血(血液)」の不足や「水(水分)」の滞りなどからも起こると考えられています。

次の章では、このような「へそのかゆみ」を改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

へそのかゆみを和らげるセルフケア3選

1.へそは常に清潔に洗浄し、乾かす

へそのかゆみを改善するには、常にへそを清潔に保っておく事が大切です。
せっかく体を丁寧に洗っても、へそは表面をさっと流すだけになっている、という方も多いのではないでしょうか? 顔や陰部を丁寧に洗浄するのと同様、へその中を丁寧に洗うことも入浴時の習慣にして忘れないようにしましょう。
まずは入浴時に泡立てた石けんで優しくへその中を洗い、お湯で優しく洗い流します。へそがへこんでいたり、ひだが多い方は綿棒を使って汚れを優しく洗うのもオススメです。
洗浄後は、へその中に水分を残さないように、しっかり中まで乾かすのがポイントです。

2.週に1回は「へそのゴマ」のケアをする

入浴して清潔にするのはもちろんですが、週に1回は「へそのゴマ」を注意深く掃除してあげることもヘソのかゆみをふせぐためには有効です。
「へそのゴマ」の正体は、体から剥がれた皮膚や皮脂、衣服の繊維や埃までもが混ざった汚れが徐々に溜まってできたもので、体の垢とも言えるものです。この「へそのゴマ」に生息する細菌は2400種類にも及ぶと言われていますので、細菌の増殖による炎症を防ぐためにも、放置せずに処理しましょう。
ケアの方法としては、入浴後のへその汚れがふやけているタイミングで、ベビーオイルなどを浸した綿棒を使い、へその中を拭きます。浮いてきた垢を綿棒でからめ取るようにして汚れを除去し、垢が綿棒に付かなくなるまで繰り返します。
ケアを怠っていた場合などは一度で取りきれないこともありますが、触り過ぎて炎症を起こさないためにも無理をせず継続してケアするようにしましょう。

3.お腹やへそを締め付けないようにする

きつめの下着やストッキングなどを身につける事でへそが圧迫され、衣服とこすれて炎症を起こしたり、血の巡りが悪くなってかゆみが起こる事があります。
日頃からお腹やへそを締めつけないように心がけ、へそのかゆみや赤みがある時は、特にゴムなどによる締め付けを避けて風通しのよい服装をするように気をつけましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

へそのかゆみを改善するために、市販の外用薬や処方薬などの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)です。へそのかゆみとともに皮膚に赤みや熱感のある方の、体内にこもった余分な「熱」を冷ましてかゆみや炎症を和らげる効果があります。
また、かゆみが強くへその周囲の肌が乾燥して粉を吹いたようになっている方には、「血」や「気」を補って肌に栄養と潤いを与える効果のある当帰飲子(トウキインシ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてください。

へその清潔を保ち、継続的なケアをしましょう

今回は、へそのかゆみに悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
症状の改善のためには、へその中まで洗浄したりへそのゴマの除去などのケアをして清潔を保ち、衣服や下着で締め付けない事が大切です。
また、へそにピアスなどをしている方で、ピアスの穴周辺にかゆみや痛みや炎症、嫌な匂いの膿や分泌物がある場合は感染症の可能性もあるため、必ず病院で診察してもらうようにしましょう。
こうした気になるかゆみの症状の改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事