繰り返す膀胱炎に辟易…排尿のたびに違和感を感じて嫌になります

体験談

頻尿や排尿痛などをともなう不快な膀胱炎を何度も繰り返していてなかなか完治しない。
抗菌剤を飲んでよくなったと思ったのにすぐ再発してしまった……。

こうした自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「慢性膀胱炎」をテーマに、医師の青木先生にお話を伺ってみました。

治ったはずの膀胱炎が再発…いつになったらスッキリ出来るの?

京子さん(53歳女性)、主婦の方からご質問をいただきました。

2年ほど前から膀胱炎を繰り返すようになり、いつもお腹のあたりがスッキリしない感じがして悩んでいます。先日も、趣味の庭いじりに長時間没頭してしまい体が冷えたのか、尿が近くなり、排尿痛と血尿があったのですぐに病院に行ったんです。いつものように抗生物質を出して頂き、飲みはじめて3日もすると症状も改善したのでひと安心! 
あまり抗生剤を飲み続けるのも良くないかと思い、また症状が出た時のためにお薬を取っておこうと思ったのですが、また少しすると下腹部に違和感を感じるように……。またか、と思い残しておいた薬を服用したのですが、今度はなぜかあまり改善せず、モヤモヤとした排尿時の違和感や頻尿の症状が残っている状態です。
このままではまたいつひどい痛みや血尿が再発するかと気が気ではありません。どうしてこうも年がら年中膀胱炎に苦しめられなければならないのでしょうか?何か良い改善方法があれば教えてください。

ご質問ありがとうございます。
細菌感染による急性膀胱炎は特に繰り返しやすく、慢性化しやすい病気だと言われています。
今回は、慢性膀胱炎の原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

慢性膀胱炎は生活習慣と免疫力の低下が原因

膀胱炎とは、膀胱粘膜に細菌感染などによる炎症が起き、膀胱の働きに支障が出る病気です。
こうした急性膀胱炎が完治しきらずに再発したり、一度治っても少しするとまた症状が出てしまう状態を慢性膀胱炎といいます。
他にも、糖尿病や尿路結石などの他の病気がきっかけとなり細菌が膀胱に侵入し、繁殖して膀胱炎を起こすこともあります。膀胱炎を繰り返す方は、生活習慣に膀胱炎になりやすい要因があると考えられるため、日頃の生活習慣を見直して体力を向上させることで、予防や対策につなげていく必要があります。

東洋医学では、体内の水分代謝を調整する役割を持つ「腎」と「膀胱」が弱ることにより体力や免疫力が低下し、尿トラブルが慢性化しやすいと考えられています。

次の章では、このような「慢性膀胱炎」を改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

膀胱炎を繰り返さないためのセルフケア3選

1.処方薬はきちんと飲みきることが大切

頻尿や排尿痛、血尿などなんらかの膀胱炎症状があり、泌尿器科で膀胱炎と診断されると、膀胱に侵入した細菌を殺すための抗生物質が処方されます。
通常は、医師の診断をもとに処方された抗生物質を、用法・用量を守って服用することで症状が治ってきますが、症状がなくなったからといって勝手に薬の服用をやめてしまうのは禁物です。
たとえ症状が消え、楽になったとしても、細菌が残っている場合があり、症状の再発を招くことがあります。
また、細菌に耐性がつくことにより、同じ抗生物質では効果が得にくくなることもあります。セルフケアの一環として、処方された抗生物質は最後まできちんと飲みきるようにしましょう。

2.日常生活の中での膀胱炎予防を心がける

何度も膀胱炎を繰り返してしまうのは、日頃の生活習慣が大きく関わっていると考えられています。
膀胱炎を慢性化させないためには、トイレを我慢しないようにすること、水分を多目に摂取して尿量を増やすこと、陰部を清潔に保つことなどを、日常生活の中で常に心がけるようにすることが大切です。
特に、月経中や性行為の後は、膀胱に侵入した細菌が増殖しやすい環境になります。月経用ナプキンをこまめに交換して陰部が蒸れないよう清潔に保ち、性交渉後は早めに排尿して侵入した細菌を尿とともに流すようにしましょう。

3.疲労とストレス、冷えに注意すること

慢性膀胱炎を予防するには、疲労やストレスを溜めないことが大切です。睡眠時間をしっかり確保して生活のリズムを整え、バランスのとれた食生活を送り、免疫力や抵抗力を高める努力をしましょう。
また、体の冷えも膀胱炎の大敵です。特にお腹、腰回りなどの下半身を冷やさないように注意し、保温性のある肌着を着用したり、寒い場所では携帯用カイロでお腹や腰を温めるなどの工夫をして症状の再発を防ぎましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

慢性膀胱炎を改善するために、市販薬や処方薬の服用などの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、猪苓湯(チョレイトウ)です。排尿痛や残尿感のある方の尿の出を良くして炎症を抑え、排尿時の違和感などの症状を改善する効果があります。
また、体の冷えによって膀胱の症状が悪化したり再燃しやすい方には、体を温め「血(血液)」の巡りを良くして膀胱炎を根治する効果のある当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてください。

繰り返しやすい膀胱炎は日頃のケアで予防&対策を

今回は、慢性膀胱炎に悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
症状の改善のためには、まずは日頃の生活習慣の中で出来ることで対策をし、疲労やストレスを溜めないこと、体を冷やさないようにすることを心がけることが大切です。
また、こうした気になる膀胱炎の症状改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

Pick Up!

関連記事