お腹が空くと胃が痛い…ランチもできない激務と心労で絶不調!

体験談

お腹が空くとギューっと胃がしぼむように痛くなる。空腹時の胃痛が嫌でちょこちょこ間食するクセがついてしまった……。

こうした自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか?
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「空腹時の胃痛」をテーマに、医師の青木先生にお話を伺ってみました。

不慣れな仕事で胃が変調⁉︎ 空腹時になると胃が痛くてたまりません

忍さん(37歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

数ヶ月前に営業から総務部に異動になり、人事や新入社員のケアを担当しているのですが、社外に出て営業している方が私の性には合っていたらしく、疲労困憊の毎日です。
それに、社内の鬱屈した人間関係の板挟みや空気を読まない新入社員の突飛な行動に振り回されてランチの時間もまともに確保できない日々が続いたせいか、このところ胃が痛くて仕方ありません。
ちゃんと食べなくちゃと思いつつも、朝は子供のお弁当作りや朝食の準備に追われてつまみ食いをする程度ですし、昼は事務作業や面談に追われて結局休憩もできず……。
午後遅くなってから軽食をとっていますが、その頃には胃の痛みも限界で、食べても美味しくないし、食欲も失せて胃の不快感は増すばかりです。
先日も、やっと仕事が一段落してデスクでお弁当を開いた瞬間に無断欠勤した新入社員がいると連絡があり、トラブル対応に終われることに。解決まで走り回っていた私の胃はぎゅるぎゅると鳴るわキリキリ痛むわで、疲労とイライラが溜まる一方です。
いったいどうしたらこの空腹時の胃の痛みを解消することが出来るでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
空腹時の胃痛は、疲労やストレス、冷えなどの様々な理由から起こります。
胃が弱っているサインでもありますので、まずは胃の痛みが起きにくい状態に胃を回復させることが大切です。
今回は、空腹時の胃痛の原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

胃液の過剰な分泌が空腹時の胃の痛みの原因

空腹時の胃の痛みは、胃酸が必要以上に分泌されることによって起こると考えられています。
食べ物の消化にとってなくてはならない胃酸ですが、食べ物が胃の中のない状態の時に大量の胃酸が分泌されると、胃に刺激や負担がかかり痛みが生じます。
多くの場合は食事を摂れば解消しますが、まれに胆嚢、膵、胃、十二指腸などの疾患や潰瘍によって起こることもあるため、頻繁に起こる場合は医療機関での検査が必要となります。

また東洋医学では、冷えや疲労から胃の痛みが起こる「脾胃虚寒(ひいきょかん)」の状態になることで、空腹時の胃の痛みを感じやすくなるとされています。

次の章では、このような「空腹時の胃痛」を改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

空腹時の胃痛を改善するセルフケア3選

1.長時間の空腹を避けるようにする

空腹時に胃痛を感じたときにそのまま何も食べないでいると、胃酸がさらに分泌して痛みが悪化してしまうことがあります。
なるべく消化のいいものをゆっくり摂って胃を落ち着かせるようにし、徐々に痛みを改善していきましょう。
また、仕事や外出時など食事が摂れない状況にあるときは、水分を摂るだけでもOKです。
常温の水や白湯も良いですが、ホットミルクやヨーグルトなどは消化が良く胃に優しいのでオススメです。

2.食事量を減らして食事回数を増やす

食事の間があまりにも長く空き、空腹の時間が長くなると、胃が胃酸で刺激されて胃痛が起こりやすくなります。
食事時間はあまり間を空けすぎず、できる限り一定の時間ごとに食べ物や飲み物を補給するようにしましょう。
1回の量をなるべく少なめにし、食べる回数を多くすることで弱った胃への負担を和らげることもできます。

3.胃に負担をかけない食事を選ぶ

空腹による胃痛を感じているときは、胃が弱っている状態にあります。
食事をする時は、いきなり辛いものや冷たいものを摂って胃に余計な負担をかけないようにしましょう。
また、食事量は少なめにし、脂っこいものを控えて消化のよい食事を心がけることが大切です。
アルコールやカフェイン、香辛料が多く入ったものやタバコなど、胃を刺激してしまうものも極力控えるようにしましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

空腹時の胃痛を改善するために、市販薬や処方薬の服用などの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、安中散(アンチュウサン)です。
冷えやストレスから胃腸が弱った方の体を温め、胃液の過剰な分泌を抑えて、空腹時の胃痛を和らげる効果があります。
また、痩せて疲れやすく、空腹時に何か口にしてもすぐ胃もたれしてしまう方には、胃腸の働きを良くして余分な「水(水分)」の滞りを改善してくれる効果のある四君子湯(シクンシトウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。

こまめに少ない量を口に入れ、空腹を避けましょう

今回は、空腹時の胃痛に悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
胃が弱っているときは、一度に大量に食べるのではなく、胃に優しいものを少量ずつこまめに摂るようにして、空腹を感じる時間をなるべく作らないようにすることが大切です。
また、こうした気になる胃の症状の改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。
セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事