不摂生な生活のせい? 気づくとデコルテに大量の真っ赤なニキビが!

体験談

デコルテにニキビができて胸が開いた服が着られない。せっかく治しても何度もデコルテのニキビが再発してしまう……。
30代の大人女性の中には、こうした「デコルテのニキビ」に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

こうした自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「デコルテのニキビ」をテーマに、内科医の中西先生にお話を伺ってみました。 

赤く腫れたデコルテニキビがムズムズ…かゆみと痛みが止まらない!

真耶さん(32歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

最近海外ドラマにハマってしまって、会社から帰宅してからひたすら画面に見入っている状態で、完全に寝不足な状態が続いています。
それだけならまだいいのですが、私の場合夜遅くまで起きていると空腹に耐えられなくなるタイプなもので、ドラマを観ながらも、ついつい何か食べてしまうんです。先週末も夜中の1時にスナック菓子を一袋平らげてしまい、後悔しましたが後の祭り……。
そんな暮らしを続けていたせいか、このところデコルテに大量のニキビができてしまい、皮膚科に行っても治らず、ほとほと困り果てています。どのニキビも熱を持ったように赤く腫れていて、ちょっと肌着が触れてもかゆくてたまらないし、かいたらかいたで今度は痛くて! 
しかも、ちょうど髪の毛先が当たる部分でもあるので、髪を下ろしていると毛先に突かれて余計ムズムズするため、最近はずっと髪も束ねたままです。
こんな色気のない暮らしをしていて、デコルテもブツブツで、結婚もまだしていないのにこんな状態では女として終わっているような気がして……。
どうにかして次の夏を迎えるまでに自信を持ってデコルテを出せるようになりたいです。
何か良い改善方法はないでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
デコルテのニキビは、睡眠不足やジャンクフードの食べ過ぎなど、不摂生な生活によるホルモンバランスの乱れも原因のひとつです。早急に生活改善をしなくてはなりませんね。
今回は、デコルテにニキビが出来る原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

皮脂汚れと体の上部にこもる熱がデコルテニキビの原因

デコルテには、洗髪時に髪の毛に残ったシャンプーやリンス、トリートメントなどが付着することが多く、皮脂の分泌も多いため、首や背中と同様にニキビのできやすい場所です。
また、一般的なセミロングのヘアスタイルでは、デコルテはちょうど毛先がつく場所にあたります。こうした髪からの刺激や、ヘアオイルや整髪料などが毛穴に侵入し、皮脂と混ざってアクネ菌の増殖を促進することもデコルテのニキビを悪化させる原因となります。

東洋医学では「肌は内臓の鏡」と言われ、身体の状態が皮膚に反映されると考えられています。
特にデコルテに出来るニキビは、体の冷えやストレスなどから「血(血液)」の巡りが悪くなり、胸や顔など体の上部に熱がこもることによって起こるとされています。

次の章では、こうしたデコルテのニキビを改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

デコルテのニキビを改善するための3つの対処法

1.洗髪時の汚れや汗による蒸れに気をつける

シャンプーやリンス、トリートメント成分の残りがデコルテに付着するのを防ぐためには、髪を洗った後に体を洗うことで、デコルテや首、背中についた洗髪剤を意識して洗い流すことが大切です。
またデコルテは、普段が衣服に隠れているので気付きづらいですが、実は胸の谷間などに汗や皮脂が溜まりやすく、蒸れやすい状態になっています。特に夏場はこまめに汗を拭き取って清潔に保つようにしましょう。

2.デコルテの保湿も忘れずにしましょう

顔のニキビと同様、デコルテのニキビも乾燥させないことが大切です。
皮脂を落とそうとするあまり、何度も体を洗うことで皮膚が乾燥し、かえって皮脂の分泌を促進してしまうことになるため、洗い過ぎないようにしましょう。
また、入浴後は水分が蒸発してとくに肌が乾燥しやすいため、顔と保湿するのと同時にデコルテ部分もたっぷり保湿することを心がけてください。
ニキビの炎症があるときに油分や香料の多いボディクリームなどを付けると症状が悪化することもありますので、ニキビになりにくい成分が配合されている「ノンコメドジェニック」の化粧品を使うことをおススメします。

3.デコルテに触れる衣服や寝具を清潔に

デコルテのニキビを改善するには、チクチクするニットによる刺激や、通気性の悪い生地の洋服でデコルテが蒸れるのは避け、なるべく肌に刺激を与えないようにしましょう。
直接肌に触れる肌着やトップスなどには、肌に優しいコットンなどの素材がオススメです。
また、衣類や寝具カバーが不衛生だと、皮膚の雑菌の増殖を招いたり、すでにできているニキビの炎症を悪化させてしまうこともあります。
肌に触れるものはこまめに洗濯をし、清潔に保っておくことも大切です。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

デコルテのニキビを改善するために、抗菌剤やビタミン剤の服用、外用薬の塗布などの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)です。デコルテ全体に炎症性のニキビができる方の体に溜まった熱を取り、炎症を鎮めて改善する効果があります。
また、デコルテに細かい湿疹のようなニキビのできる方には、細菌の繁殖や炎症を抑制してニキビの症状を改善する効果のある十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、是非チェックしてみてください。

デコルテを清潔に保ち、保湿をしっかりしましょう

今回は、デコルテのニキビに悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
シャンプーやリンスなどの流し忘れに注意し、デコルテに触れる衣服や寝具を清潔に保つことで、ニキビが悪化したり炎症を起こしたりするのを防ぎましょう。
また、体にできるニキビは、真菌というカビの一種や他の細菌が原因になっている場合もあります。皮膚科ではその菌に効果がある外用薬や内服薬を処方していますので、治る傾向が見られない場合はなるべく早めに受診するようにしてください。
こうした気になるニキビの改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事