鬼上司と働くストレスでみぞおちに激痛! 出社拒否寸前です

体験談

一気に大量の飲食をした後にみぞおちが突然痛くなる。嫌なことや心配事があるときにみぞおちがキューっと痛くなる……。
こうした「みぞおちの痛み」に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

このような自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか?
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「みぞおちの痛み」をテーマに、医師の白井先生にお話を伺ってみました。

上司から声がかかるたびにみぞおちが痛い…過酷な環境に体が悲鳴⁉︎

涼子さん(33歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

数ヶ月前に会社の配置転換があり、入社時からの希望の部署に行くことになったんです。
そのこと自体は良かったのですが、期待と喜びで胸がいっぱいだったのもつかの間、新部署で待っていたのは、思いもしなかった鬼上司の下で働く地獄のような日々。
まるでゴミのような企画書だと怒鳴られ、重箱の隅をつつくようなミスを指摘され、挙げ句の果てに終電まで頑張っても終わらないほどの残業を言い渡され……。
慣れない仕事に加えて鬼上司からのプレッシャーでストレスは溜まる一方です。
最近では、上司から「ちょっと…」と呼び止められるたびにドキドキしてお腹のあたりがシクシクしてくる始末。
そんな日々に耐えていたある日、帰宅した途端にみぞおちに激痛が走ったんです。
これはちょっと様子がおかしいと思って会社を休んで病院に行ったのですが、検査の結果は特に異常なし。ストレスによる一時的なものでしょう、とのことでしたが、あんな痛みは二度とごめんです。
本当はこのまま出社拒否してしまいたいくらいですが、それも悔しいので、どうにかこの痛みを克服していつかあの鬼上司を見返す仕事をしてやりたいと思っています。
なんとかして、このみぞおちの痛みを解消する方法はないでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
みぞおちの痛みは、胃腸症状の一つであると同時に、ストレスが原因となって起こることも多く、胃潰瘍など大きな病気に繋がることも多い症状です。
今回は、みぞおちの痛みの原因や改善方法について詳しくお伝えしていきましょう。

暴飲暴食やストレスがみぞおちの痛みの原因

みぞおちの痛みは、胃に刺激の強い食品の食べ過ぎや、アルコール、タバコなどの過剰摂取などを含む暴飲暴食、食あたりなどに加え、過度の精神的ストレスで自律神経のバランスが乱れることにより生じます。また、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性胃炎などの病気の症状として現れることもあります。
こうした病気は、ピロリ菌という細菌に感染することで胃粘膜が弱り、胃酸で胃壁が傷つくことで潰瘍ができて起こることがわかっています。

また東洋医学では、みぞおちの痛みは心窩部痛(しんかぶつう)といい、「肝(かん)」の高ぶりによって「脾(ひ)」の機能が衰えることで起こるとされています。

次の章では、このような「みぞおちの痛み」を改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

みぞおちの痛みを改善するためのセルフケア3選

1.胃に負担をかけない食生活をすること

まずは暴飲暴食を避け、胃に優しい食べ物をゆっくり時間をかけて食べるようにしましょう。症状の強い時は無理に飲食せずに胃を休ませることも大切です。
また、普段から朝食を抜いたり、寝る間際の遅い時間に食事を摂ったりすることは胃腸に大きな負担をかけることになります。毎日規則正しい時間に食事を摂り、腹八分目に留めるようにしましょう。
また、冷たいものを摂りすぎることも胃腸に負担になります。冷たい飲み物や食べ物を摂取し過ぎず、飲み物はなるべく常温のものを飲むようにすると良いでしょう。

2.ストレスを溜め込まないことが大事

みぞおちの痛みは、胃からの影響だけでなく、小腸や心臓に大きなストレスが掛かった場合にも生じることがあります。例えば、言いたいことがあるのに我慢をして心に溜め込んでいると、小腸のあるおへその周りからみぞおちにかけて硬くなり、痛みが起こることもあります。
同じように、様々なストレスや肉体的、身体的負荷により心臓に負担がかかることでもみぞおちに痛みが生じることがあります。
ストレスの原因がわかっている場合は、できる限り環境の改善をはかること、また、環境を変えることが難しい場合は、自分の中で発想の転換をして、思いつめ過ぎないようにすることが大切です。

3.硬くなったみぞおちを緩めましょう

ストレスにより、おへそからみぞおちにかけて硬く張るような症状があるときには、その硬さをほぐして緩めるセルフケアをしましょう。

①まずは両手をあわせ、軽くこすることで温かくなった手のひらでみぞおちをゆっくりさする。
②同じように温めた片方の手の平をみぞおちに当て、もう一方の手を軽く握り、みぞおちに置いた手の甲をトントンと10回ほど軽く叩く。
①②のどちらかやりやすい方をやってもいいですし、時間があれば両方試してみても良いでしょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

みぞおちの痛みを改善するために、市販薬や処方薬の服用などの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、安中散(アンチュウサン)です。ストレスにより胃の停滞感や張りを感じる方の「気(生命エネルギー)」の滞りを解消して、みぞおちの痛みを改善する効果があります。
また、みぞおちにつかえた感じがあり慢性的に胃炎気味な方には、胃腸を温めて余分な「水(水分)」を取り除くことで胃腸機能を高める効果のある六君子湯(リックンシトウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、是非チェックしてみてください。

セルフケアで改善しない痛みは病院で診断をうけましょう

今回は、みぞおちの痛みに悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
セルフケアを試しても一向に症状が改善しなかったり、時間が経つごとに症状が悪化したりする場合は、十二指腸潰瘍や胃がんなどの一刻を争う病気の可能性もあります。
これまでにない痛みを感じる場合は、我慢せず病院で診断を受けるようにしましょう。
また、こうした気になる胃の症状の改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

Pick Up!

関連記事