契約切り寸前のストレスと睡眠不足でフェイスラインがブツブツに!

体験談

口の周りに出来た赤みのあるニキビがかゆくて仕方がない。顎のラインに沿うようにできたニキビで肌がゴワつき、二重アゴっぽく見える……。
30代の大人女性の中には、こうした「フェイスラインのニキビ」に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

こうした自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「フェイスラインのニキビ」をテーマに、医師の青木先生にお話を伺ってみました。

崖っぷちの私を襲った重症ニキビで、マスクが手放せない日々…

七海さん(35歳女性)、契約社員の方からご質問をいただきました。

社員数名のベンチャー企業で契約社員として働いているのですが、このところ会社の業績が思わしくないようで、次年度の契約をできるか否かという瀬戸際にいます。
私も毎日必死ですが、そう簡単に個人で実績を上げられるわけもなく、ストレスは溜まる一方、睡眠時間は減る一方です。
そんな生活がたたったのか、口の周りから顎にかけてのフェイスラインにブツブツとニキビができてしまって、仕事にも集中できず困っています。
しかも、これが大人ニキビというものなのか、思春期にできたような可愛いものではなく、熱を帯びて黄色く膿んだようになっているため、触るのも眺めるのも気味が悪いほど……。
当然人にも見られたくないので、食事中もマスクを顎にひっかけたままです。
帰宅すると、マスクをしていた部分が蒸れるのか、ニキビが余計ひどい状態になっていて気が滅入ります。
こんなストレスフルな状態なので、せめてニキビだけでも改善して淀んだ気持ちをスッキリさせたいです。何か良い対処法はないでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
フェイスラインにできるニキビは、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れの影響を受けやすく、改善するにはそういった要因を少しずつでも解決していく必要があります。
今回は、フェイスラインにニキビができる原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

フェイスラインのニキビは皮脂の詰まりと「気」の滞りが原因

頬から顎、首の上部にかけてのフェイスラインはUゾーンとも呼ばれ、顔の中でも乾燥しがちな場所であるためにかえって皮脂分泌が過剰になりやすく、ニキビが生じやすい場所です。
また、生活習慣の乱れやストレスなどの内的な要因でニキビができることも多く、「大人ニキビ」の代表例とも言えます。
不摂生な生活で肌のターンオーバーが乱れたりバリア機能が低下したりすること、ストレスによってホルモンが乱れ皮脂が過剰になることもフェイスラインのニキビの原因になります。

東洋医学では「肌は内臓の鏡」と言われ、身体の状態が皮膚に反映されると考えられています。
特にフェイスラインのニキビは、「気(生命エネルギー)」の巡りの悪さや滞りから肌が酸化し、老廃物が溜まりやすくなることから生じるとされています。

次の章では、こうしたフェイスラインのニキビを改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

フェイスラインのニキビを解消する3つの対処法

1.体を温めることがニキビ改善の近道

東洋医学では、体の冷えとフェイスラインのニキビには密接な関係があると考えられています。体が冷えると血液の流れが滞り、余分な老害物を溜め込むことで「血瘀(けつお)」と言われる状態になります。
これにより、身体は皮脂腺や汗腺から老廃物を外に押し出そうとして、ニキビなどの肌トラブルが生じるのです。
また、体の冷えは肌の乾燥をも招くことから、「血瘀」によるニキビは、特に顎や口の周りなどのフェイスラインにできやすいと考えられています。
フェイスラインのニキビの改善のためには、汗ばむ程度の軽い有酸素運動や、ストレッチなどで身体を温め、血行を良くすることを心がけるようにしましょう。

2.定期的な角質ケアで ターンオーバーを整える

古くなった角質や皮脂による毛穴詰まりは、フェイスラインのニキビのもとになります。
毎日のスキンケアで肌を清潔に保つのはもちろん、週に1〜2回のピーリングで古い角質や角栓をしっかり取り除き、乱れたターンオーバーの周期を整えることが大切です。
フルーツ酸などの肌に優しいピーリングアイテムや、角質ケアのできる石鹸での洗顔などから始めてみるとよいでしょう。
また、角質ケアの後はしっかり保湿することも忘れずに。保湿スキンケアには、油分の含まれたこってりしたものより、さっぱりしたテクスチャーのものがオススメです。

3.生活改善とストレスケアでニキビを防ぐ

大人ニキビの代表ともいえるフェイスラインのニキビを改善するには、皮膚の外側のケアだけでなく、体の内側からのケアも大切です。
栄養バランスを考えた食事をすることや、睡眠をたっぷりとること、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。特に、ストレスによる「気」の滞りは、「気滞(きたい)」といい、ニキビや肌荒れなど、肌のトラブルとして表に出やすい状態を招きます。
ストレスや疲労のあるときは、無理せずゆっくり休み、リラックスする時間を確保できるようにしましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

フェイスラインのニキビを改善するために、抗菌剤やビタミン剤の服用、外用薬の塗布などの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)です。黄色く膿んでかゆみのあるニキビができやすい方の、体に溜まった熱を冷まして、ニキビだけでなくイライラ感などの様々な精神症状も改善する効果があります。
また、赤みがあり、炎症の強いニキビができる方には、「血」と「気」を巡らせて毛穴周囲のうっ血を取り除き、症状を改善する効果のある荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、是非チェックしてみてください。

外から&内からの両面ケアでニキビを改善しましょう

今回は、フェイスラインのニキビに悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
顎や口の周りなどにできるニキビは、ストレスや冷えなど一見ニキビとは関係なさそうなことが原因となっている場合が多く、外からのケアだけではなく、内面からのケアも大事になってきます。
疲労やストレスを溜め込まず、生活習慣を整えて症状の改善を目指しましょう。
また、こうした気になるニキビの改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

Pick Up!

関連記事