鏡を見るのが怖い!ポツポツと背中に並ぶ北斗七星のようなニキビたち…

体験談

毎日洗って清潔にしているのに背中にニキビができる、汗をかく時期には背中がブツブツと荒れやすい……。30代の大人女性の中には、こうした「背中のニキビ」に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

こうした自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「背中のニキビ」をテーマに、医師の青木先生にお話を伺ってみました。

肌見せの季節なんて来ないで…しつこい背中のニキビが憂うつです

小夜子さん(31歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

もともとオイリー肌のせいか、思春期の頃から長年ニキビには悩まされてきました。
アラサーになった今も、ニキビができやすい体質は変わらず、どうにかならないものかと悩んでいます。
特に、最近は顔よりも背中のニキビが悪化することが多く、かゆみや痛みがあることもあり、不快で仕方がありません。
わざわざ自分の背中を見ることも少ないので、背中がどんな状態になっているのかも今ひとつわからなくて……。
先日も、どうも背中がムズムズかゆいなあと思い、ポリっと爪でかいた瞬間、ブツッとしたかたまりに触れ、傷つけてしまったみたいなんです。それはもう痛いのなんのって!直接この目で背中の惨状を見られない分、気味が悪くて仕方がありません。
嫌な予感がして指を見ると、爪の間に妙な汁みたいなものまで付いていて、本当に焦りました。恐る恐る指で背中を触れつつ大きな鏡で確認してみると、他にも何箇所かプツプツと同じようなかたまりが……。
まるで北斗七星のように並んだ赤いニキビたち。これじゃあ夏になっても背中の開いた服なんて着られそうにありません。
いったいどうしたらこの背中ニキビを改善することができるでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
背中にニキビができるのは、もともと人間の体にある常在菌によるものはもちろん、一般的なニキビと同じく皮脂汚れによる毛穴詰まりなど、様々な要因があると考えられています。
今回は、背中にニキビが出来る原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

常在菌による炎症と「血」の不足が背中ニキビの原因

背中ニキビの原因は、主に黄色ブドウ球菌やマラセチア菌などの常在菌で、それらの菌が毛穴の奥にある皮膚の組織層である「毛のう」に入り込んで繁殖し、炎症を起こすことで生じます。
それ以外にも、汗や皮脂汚れや刺激によるもの、紫外線やストレスによりホルモン分泌の乱れが生じることでも、背中のニキビができることがあります。

東洋医学では「肌は内臓の鏡」と言われ、身体の状態が皮膚に反映されると考えられています。
特に背中のニキビは、「血(血液)」が不足し巡りが悪くなって起こることが多く、肩こりや頭痛、月経痛などの症状がある方に生じやすいとされています。

次の章では、こうした背中のニキビを改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

背中のニキビを改善するためのセルフケア3選

1.清潔を保ち、毛穴づまりを起こさないこと

背中ニキビの原因の中でも特に多いのがマラセチア菌の感染による炎症です。
マラセチア菌は湿気を好むカビの一種ですので、皮脂や汗の分泌が多くなると繁殖しやすくなります。汗をかいたらこまめに拭き、できればシャワーを浴びて着替えるようにしましょう。
また、背中は自分自身では見ることが出来ないため、状況がわからずケアがおろそかになりがちです。毎日の入浴時には、石けんでよく洗い、すすぎ残しがないようにキレイに洗い流して清潔を保つことが大事です。

2.食生活を改善して老廃物をデトックス!

高脂質のものや糖質の多いものなどを食べ過ぎると、皮脂が過剰に分泌されて毛穴を詰まらせる原因になってしまいます。食生活の改善をして肌の調子を整え、ターンオーバーを促してくれるビタミンB群やビタミンCを積極的に摂るようにすると良いでしょう。
また、すでに体の中に溜まっている老廃物をキレイに流すためには、はと麦茶やプーアール茶がオススメです。
あわせて、昆布やワカメ、こんにゃくなど、デトックスを促してくれる食材や、血行をよくするプルーン、イチジクなども背中ニキビの改善に効果的です。

3.素肌に触れる服の素材選びを大事に

背中は衣類から受ける刺激や汗による蒸れも多いため、ニキビが出来ると繰り返しやすい特徴があります。
汗をかく季節は特に、風通しが良く吸湿性の高い服を選ぶことが大事です。また、直接肌に触れる服は、コットンなどの天然素材を使った柔らかい服がオススメ。
同じ服を続けて着ないようにし、こまめに洗濯して清潔さを維持しましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

背中のニキビを改善するために、抗菌剤やビタミン剤の服用、外用薬の塗布などの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)です。背中に目立つニキビができて化膿しやすい方の、細菌の繁殖や炎症を抑制してニキビの症状を改善する効果があります。
また、背中が脂っぽく背中全体にニキビができる方には、体に溜まった熱を取り、炎症を鎮める改善する効果のある清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、是非チェックしてみてください。

清潔を保ち、背中ニキビを繰り返さないようにしましょう

今回は、背中のニキビに悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
背中ニキビを繰り返さないためには、食生活を改善し、肌と服を清潔に保つことが大切です。
また、こうした気になるニキビの改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

Pick Up!

関連記事