マスクが触れて痛い…仕事中の”ストレス食い”で顎に炎症ニキビが!

体験談

睡眠不足が続くと顎の近くにポツッとニキビが出来る、肌荒れするとザラザラとした湿疹のような細かいニキビが顎にできることが多い……。30代の大人世代の女性の中には、こうした「顎のニキビ」に悩んでいる方も少なくありません。

こうした自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「顎のニキビ」をテーマに、医師の青木先生にお話を伺ってみました。

疲労とストレスで暴食が止まらず…顎ニキビが悪化する一方です

真祐美さん(37歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

このところ仕事が忙しく疲れているのか、会社の机の引き出しにしまってあるストレス解消用のチョコレートやスナック菓子の減りが早くて……。
気づかないうちにボリボリ食べていることもあり、ちょっとこの状態は良くないなと思っていたのですが、案の定お菓子を食べすぎたのか、顎にいくつもニキビができてしまって悩んでいます。
小さいものならマスクで隠れてしまいますし、そこまで気にならないのですが、私の場合は顎全体に細かく広がったニキビの間に、ボテっと顎が腫れてしまうほど大きく炎症を起こしたニキビもあり、触ったりマスクが触れたりするとものすごく痛いんです。
早く仕事をやっつけて帰ってゆっくり眠りたいのですが、繁忙期なのでそうもいきません。
結局遅くまで残業し、帰宅して夜遅くに食事を摂ると、なんだか胃もたれして翌朝まで胃のあたりがムカムカ……。朝食抜きで出社してはまた仕事しながらお菓子を食べてしまうという悪循環に陥っています。
どうにかこの暴食を断ち切り、生活を改善するつもりではあるのですが、とりあえずこの顎のひどい状態から脱するための良い方法はないでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
顎やフェイスラインにニキビができるのは体が疲れているサインでもあります。
頑張りすぎず、できるだけ体を休めることが大事です。
今回は、顎にニキビが出来る原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

乾燥による毛穴づまりと「腎」の衰えが顎ニキビの原因

顎の周辺は、顔のなかでも汗腺が少なく乾燥しやすい場所でありながら、皮脂を分泌する皮脂腺は多く存在しているという特徴があります。
皮膚の水分を補うため、またホルモンバランスの乱れにより皮脂分泌が過剰になると、毛穴に皮脂がつまるという悪循環が起き、ニキビができやすくなります。
また、マスクやマフラーが肌に触れたり、頬杖をついたりすることで手指に付着した雑菌が肌に侵入して炎症を引き起こすこともあります。

東洋医学では「肌は内臓の鏡」と言われ、身体の状態が皮膚に反映されると考えられています。特に顎のニキビは、生命エネルギーをつかさどる「腎(じん)」の衰えから生じると考えられており、疲労感や体の冷え、足のむくみと同時に起こることもあるとされています。

次の章では、こうした顎のニキビの改善に対する具体的な方法をお伝えしていきましょう。

顎に出来たニキビを改善する3つのセルフケア

1.ストレスを排除し、ホルモンバランスを整える

顎のニキビを改善するには、ストレスを解消し、ホルモンバランスを整えることが大事です。ぬるめのお風呂にゆったりと入りながらマッサージをしたり、呼吸法を取り入れたヨガなどで、心も体もリラックスする時間を作るようにしてみましょう。
また、寝る前のストレッチや朝のウォーキングなど、疲れない程度の適度なエクササイズを取り入れるのもオススメです。

2.バランスのとれた食生活に改善しましょう

食生活での不摂生により顎にニキビができやすい方は、食生活の改善をすることで、内側からニキビができにくい肌をつくって行くことが大事です。
皮脂を増やすおそれのある動物性脂肪や糖質の多いものをなるべく摂らないように心がけ、肌をつくる基礎となる良質なタンパク質や、ターンオーバーを促してくれるビタミンやミネラル、便秘の改善につながる食物繊維などを積極的に摂取しましょう。
特に皮脂の分泌を抑える働きのあるビタミンB2が多く含まれる納豆やレバーなどもオススメです。また、食生活ですべての栄養を補うことが難しい場合は、サプリなども取り入れてみると良いでしょう

3.良質な睡眠で肌のターンオーバーを促進する

東洋医学では、顎にニキビが出来るのは「腎」の衰えであり、体が疲れている証拠とも考えられています。疲労や睡眠不足が続くことで、ホルモンバランスや自律神経が乱れやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。
肌のターンオーバーを整え、肌をすこやかに生まれ変わらせるためには、良質な睡眠をたっぷりとることが大事です。
寝床につく2時間前までに入浴してしっかり体を温めること、また、ブルーライトを発するスマホやテレビの使用を避け、部屋を暗くしてリラックスすることで入眠しやすい環境を整えましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

顎のニキビを改善するために、抗菌剤の服用やピーリングなどの選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、半夏寫心湯(ハンゲシャシントウ)です。不摂生な食生活などにより胃腸が弱った方の体内に溜まった水分や熱を取り除いて、「気(生命エネルギー)」と「血(血液)」の巡りを良くし、症状を改善する効果があります。
また、顎周辺の肌荒れやのぼせ、足の冷えが気になる方には、体内の水分バランスを整え、「血」と「気」の巡りを良くして、精神不安を和らげる効果のある桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンヨクイニン)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、是非チェックしてみてください。

日常生活での不摂生を正し、ホルモンバランスを改善しましょう

今回は、顎のニキビに悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
食生活や睡眠などの不摂生を改善し、疲労やストレスを解消することでホルモンバランスを整え、顎ニキビのできにくい肌を目指しましょう。
また、こうした気になるニキビの改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

Pick Up!

関連記事