『ブルドックのような顔』と言われて撃沈…この憎いしわを消し去りたい!

体験談

ほうれい線が深く刻まれる気がして笑うのが怖い。鏡を見るたびにしわが増えている気がして自分に自信がなくなってしまった……。プレ更年期(30〜40代)や更年期(40〜50代)を迎えた女性なら誰でもエイジングの悩みはつきないものです。

そんな自分ではどうにもならない更年期の肌不調やつらい症状の緩和には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「更年期のしわ」をテーマに、医師の青木先生にお話を伺ってみました。 

姪の一言で鏡を見るたびギクッ! 日々刻まれるしわに気力を奪われています

美咲さん(46歳女性)、経理職の方からご質問をいただきました。

先日、久しぶりに年の離れた弟の家に遊びにいって、とってもショックな出来事があったんです。小学校低学年の甥と、年長さんの姪のために手作りのお菓子を持っていって、みんなで食事をしたまではよかったのですが……。
食後、リビングでくつろいでいると、姪っこが私のそばに寄ってきて顔を近寄せてきたので、「なーに?」と優しく聞いたんです。そうしたら「ねえ、なんでおばちゃんのお顔、ブルドックさんみたいなの?」ですって!
あまりの衝撃のひとことに一瞬何が起きたかわからないほどだったんですが、我に帰ると、苦笑する弟と顔面蒼白な弟のお嫁さんの顔が……。もう、そのあとは何をどう話したのか記憶にもありませんが、その日以来、鏡をみるたびにブルドックみたい…という一言が脳裏をよぎって悲しくて仕方ないです。どうしたらこの深く刻まれたほうれい線や目もとのしわ、たるみを改善できるでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
年齢を重ねるごとに深く刻まれていくしわを見ると、どうしても逆らえない「老い」を感じてしまいますよね。姪っ子さんのお言葉、さぞかしおつらかったかと思います。
それでは、今回は更年期に進行しやすい、しわやたるみの原因や改善方法についてお伝えしていきましょう。

しわ&たるみの原因はエストロゲンと顔面骨密度の減少!

更年期になると女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、肌の弾力を保つコラーゲン繊維やエラスチン繊維が変性して、潤いやハリを保つ機能が低下してしまいます。
皮脂分泌が減ることによって肌が乾燥することも、しわやたるみを進行させる原因となります。
さらに、エストロゲンの分泌が減少することで骨密度が低下すると、肌を支える顔面の骨もスカスカの状態になるのです。土台となる骨が衰えれば、必然的に上に乗っている肌の筋肉は衰え、機能低下することでたるみ、しわっぽくなってきます。

東洋医学では、老化=「腎」の老化(腎虚)と考えます。更年期になると「血(血液)」の不足や滞りが生じ、血から栄養を与えられる「気(生命エネルギー)」も滞り、肌のハリや潤いが不足するのです。

次の章では、こうした更年期特有の悩ましい老化の症状に対する簡単な顔エクササイズをお伝えしていきましょう。

セルフで簡単!しわに効く3つの顔エクササイズ

1.「8の字」エクササイズで眼輪筋を鍛えよう

目の周りにできるしわは、目の周りを覆う「眼輪筋(がんりんきん)」を鍛えることでケアしましょう。
・目を見開き、眼球を横に”8″の字を描くようにゆっくり動かしまします。
・目線の動きにつられて頭が動いてしまわないよう、顔を正面に向けておくのがポイント。
・5回まわしたら、次は回転方向を変えて5回まわします。

2.「舌回し」エクササイズで口輪筋を鍛えよう

ほうれい線などの口元のしわは、舌を大きく回すことで「口輪筋(こうりんきん)を鍛えることでケアしましょう。
・口を軽く閉じ、舌を歯の外側に這わせて大きく回します。
・舌先に力を込めて歯茎の外側をなぞるように「3秒かけてゆっくり回す」のがポイント。
・回転方向を変えましょう。1日30セットを目安に行います。

3.「あいう」エクササイズで口もと全体の筋肉を鍛えよう

・口を縦に大きく開けて、「あー」と言いながらそのまま10秒キープします。
・口を大きく動かし「あ」「い」「う」と言うことで、口輪筋だけでなくあごの下・頬など口元の筋肉を幅広く鍛え、たるみを予防&改善します。
「あ」「い」「う」各10秒ずつで1セットとし、1日15セットを目安に行います。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

しわやたるみを改善するために、レーザー治療や注射・点滴など美容医療を受けるという選択肢に加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、温経湯(ウンケイトウ)です。体が弱く、月経不順や冷え、ほてりなどの症状があり、「血」が不足した方の皮膚や髪の乾燥に効果的な漢方薬です。
また、アンチエイジング全般が気になる方には、「若返り薬」とも言われている八味地黄丸(ハチミジオウガン)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

美しく年齢を重ねて、更年期を晴れやかに乗り切りましょう

今回は、しわやたるみに悩む方のための顔エクササイズや漢方薬をご紹介してきました。
表面的な肌のケアだけでなく、顔まわりの筋肉を鍛え、体の内側から美しくなるためのケアをぜひ取り入れてみてください。
また、根本的な体質改善には漢方薬が優れた効果を発揮することもあります。アンチエイジングできる漢方を日々の暮らしの中に上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事