吐く・むかつくときに効果のある3つの漢方薬を紹介

消化器症状

腹痛・頭痛をともなうときが危険です

吐く・むかつく(吐きけ)というのは、大脳の下にある延髄(えんずい)の嘔吐中枢が刺激されることによって起こります。その原因は、三つに大別できます。

吐く・むかつくときに考えられる病気

まず、全身の生体反応によるものです。食中毒とか、食べすぎ・飲みすぎによる急性胃炎や急性胃腸炎などがそうであり、赤ちゃんの溢乳(いつにゅう)(げっぷとともに乳を少量吐き出す)や吐乳(とにゅう)(大量にいきおいよく乳を吐き出す)、あるいは妊娠可能期の女性のつわりもこれにあたります。このケースがいちばんむかつきが多いです。

次に、胃やそれにつながる消化器系に、なんらかの故障が起きた場合です。胃かいよう・十二指腸かいよう・胃ガン・幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)・食道ガン・食道狭窄症・腸閉塞(ちょうへいそく)・胆石症などの重い病気が考えられます。この場合は、腹痛をともないます。

三番めに、脳性嘔吐の場合です。かるいものならかぜで起こることもあり、子どもの自家中毒症もこれです。子どもでは、中耳炎で吐くこともあります。要注意なのは、頭痛がある場合で、脳炎・髄膜炎(ずいまくえん)・脳出血・偏頭痛・脳腫瘍・緑内障、妊娠でも頭痛をともなえば、妊娠中毒症の可能性があります。

いずれにしても、第二、第三のケースは、ただちに医師に連絡し、指示をあおぎたいです。

漢方は妊婦のつわりにも用いられる

中国の古典医書『備急千金要方(びきゅうせんきんようほう)』には、嘔吐・悪心(吐きけ)の治療法が三一もあげられているほど、漢方の強い分野ですが、家庭で用いる場合は、第一の原因の場合と、子どもの自家中毒症の場合に限るべきでしょう。妊婦のつわりには、卓効をみることが多いです。

吐く・むかつくときに効果的な漢方薬

小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)

急に嘔吐し、みぞおちがつかえ、めまいと動悸のあるときに。嘔吐のあとに粘液を出すのも目標です。妊婦や子どもに適します。

五苓散

口渇があるにもかかわらず、水を飲むとすぐに吐くものに。小便の少ないのも目標です。

人参湯

ふだん胃腸が弱く、元気がなく、血色もわるく、手足の冷えるときに。腹痛をともなう急性胃炎に適します。

なお、嘔吐する人は、服みぐすりを受けつけないことが多いので、ツボ療法が有効です。百会(ひゃくえ)(頭の頂点でくぼんだところ)、風池(ふうち)(首すじの中心と耳との中間で、髪の生えぎわの内側にあるクボミ)、足の三里など。

嘔吐がある場合の応急処置

①洗面器などに新聞紙を敷き、楽な姿勢で吐くだけ吐かせます。背中を下から上にさすってやります。

②うがいをさせ、口のまわりをふきます。

③当人に意識がない脳性嘔吐の場合は、吐瀉(としゃ)物を気管につまらせないために、顔を横にさせます。

④とくに脳出血の場合は、からだを動かさないように注意します。吐き終わったら、割り箸に脱脂綿を巻きつけるか、指にガーゼを巻きつけて、口の中を静かにふき、吐いたものをとり去ります。

⑤手足が冷たいようなら、あたためます。胃部は患者の意志により、あたためるか冷やします。ただしその結果がよくないようなら、ただちに中止します。

⑥嘔吐によって水分が失われているから、できるだけ水分を与えます。冷たい砂糖水がよいです。

⑦吐瀉物(としゃぶつ)を観察します。もし、異常があったら、保存しておいて、医師にみせます。

関連記事

おすすめ記事