私を襲った悲劇! 激しい下痢で結婚記念日のディナーが台無しに…

体験談

ちょっと食べ過ぎただけでお腹を下してしまう、お腹が冷えると便意を我慢できなくなる……。
それは、もしかしたらプレ更年期(30〜40代)や更年期(40〜50代)に起こりがちな「下痢」の症状かも⁉︎

そんな、自分ではどうにもならない更年期の不調やつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を、医師がお答えしていきます。

今回は「更年期の下痢」をテーマに、内科医の中西先生にお話を伺ってみました。

ひどい下痢症状に悩まされ、外出することすら恐怖です…

真知子さん(51歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

若い頃からの暴飲暴食がたたったのか、数年ほど前から胃腸がめっきり弱くなってしまいました。若い頃は残業後に同僚と焼肉を食べに行ったり、さんざんお酒を飲んだりしてもなんともなかったのですが、最近では少し油っぽいものを食べたりしただけでももうダメ!すぐにお腹を壊してものすごくひどい下痢をしてしまうんです。
それに、エアコンの効いた場所にちょっといただけでもすぐにお腹が痛くなり、トイレに駆け込む始末……。
先週末の結婚記念日も、主人と素敵なレストランに行ったのですが、エアコンが効きすぎていたせいもあり、3回もトイレにこもる羽目に!
ウェイターさんにも変な目で見られているのではないかと気になるやら恥ずかしいやらで、落ち着いて食事をするどころではありませんでした。こんなことが続くと、もう外出することそのものが怖くなりそうです。
なんとかしてこのひどい下痢症状を改善する方法はないでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
脂肪分の高い食事や冷えなどによって下痢症状が起こるとのこと、頻繁に症状が現れると体力も消耗しますし、つらいですよね。
今回は更年期に下痢症状が起こる原因や改善方法についてお伝えしていきましょう。

更年期の下痢はホルモンの乱れと「水毒」「気滞」が原因

更年期になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減り、ホルモンバランスの急激な変化が起こります。
これにより自律神経が乱れ、腸の働きが弱まることで下痢などの胃腸症状となって現れることがあります。また、精神的なストレスなどにより腸が過敏に反応することで下痢症状が起こる場合もあります。

東洋医学では、下痢は主に体が冷えることによって過剰な水分が胃腸にたまってしまう「水毒」の状態になることが原因と考えます。
また、「血(血液)」の不足によって「気(生命エネルギー)」が滞り、「気滞(きたい)」の状態になることでも腸管の働きが弱まって下痢症状が現れることがあります。

次の章では、こうした更年期の下痢に対する具体的な解決方法をお伝えしていきましょう。

更年期の下痢を改善するデイリーケア3選!

1.水分補給をしっかりしましょう

下痢の症状が続くことにより体の水分の多くが排出されてしまうと、脱水症状などの危険があります。下痢症状のあるときには、普段以上に水分補給を心がけましょう。
冷たい飲み物を一気に大量に飲むと胃腸に負担がかかってしまうため、体を温める効果もある白湯などを飲む習慣づけをしてみてください。
また、コーヒーや緑茶などのカフェインを含む飲み物の摂りすぎは、体を冷やしてしまいますので控えましょう。

2.おなかを温めて冷やさないこと

つらい下痢の症状を抑えるには、体を温めること、特にお腹を冷やさないことが大事です。普段から暖かく保温性のあるインナーを着用したり、夏場でもエアコンの効いている場所に行く時はストールや羽織るものを携帯しておくとよいでしょう。
症状の強い時には下腹部や背中を中心に、カイロなどで温めるのもオススメです。

3.食物繊維と乳酸菌を摂ろう

胃腸症状を悪化させないためには、常に腸内環境を整えておくことが大事です。
規則正しく決まった時間に食事を摂ることはもちろん、食物繊維の豊富な食材や乳酸菌が含まれる食材を取り入れ、スムーズな排便につながる食生活を意識してみてください。
また、脂分の多い食事や刺激の強い香辛料やアルコールなどの取りすぎはお腹を下しやすくしますので控えましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

更年期の下痢症状を改善するために、市販薬の服用をするなどの選択肢に加えて、根本的な改善を目的とした漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方にオススメしたい漢方薬は、胃苓湯(イレイトウ)です。冷えが強く、水様性の下痢症状のある方の冷えを和らげて余分な「水(水分)」を排出し、「気」の不足や滞りを補って胃腸症状を改善する効果があります。
また、喉の乾きが強くむくみや頭痛をともなう方には、余分な「水」を排出して「水滞」の状態を解消し、下痢症状を改善してくれる五苓散(ゴレイサン)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、是非チェックしてみてください。

腸内環境を整え、規則正しい生活を送りましょう

今回は、更年期の下痢症状に悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
症状を和らげるには、日常的に体を冷やさないことを心がけ、規則正しい生活とバランスのとれた食生活を送ることが大事です。
また、下痢などの様々な更年期症状の改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

Pick Up!

関連記事