ふとした拍子の尿漏れにドキッ!こんな恥ずかしい悩み、誰にも言えません…

体験談

重いものを持ち上げたり、何気なく咳やくしゃみをした瞬間に尿が少し漏れてしまう。急な尿意を抑えられずふいに少量の失禁をしてしまう……。
それは、もしかしたらプレ更年期(30〜40代)や更年期(40〜50代)に起こりがちな「尿漏れ」の症状かも!?

そんな自分ではどうにもならない更年期の不調やつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「更年期の尿漏れ」をテーマに、医師の白井先生にお話を伺ってみました。

失禁の恥ずかしさで、人前で咳やくしゃみも出来なくなってしまいました…

純子さん(57歳女性)、主婦の方からご質問をいただきました。

「まさか自分がこんな悩みを持つことになろうとは、若い頃は思いもしませんでした……。
実は1年ほど前から、咳やくしゃみをしたり、重いものを持ったりした拍子に尿がちょっぴり漏れてしまうことが多々あるんです。今までに冷えやむくみなど、更年期なのかな、という症状はありましたが、尿漏れなんて全然なかったんです。
もちろん、漏らすと言ってもそんなに多い量ではありません。市販の尿もれパッドで一応間に合う程度ではあるのですが、匂いもありますし…とにかくもう漏らしてしまった瞬間、恥ずかしくて仕方がないんです。
そんなわけで、なるべくこまめにお手洗いにいくようにはしているのですが、大量の尿が出るわけではなく、逆にたいした量が出ずに残尿感もあります。
最近では漏らすのが怖くて、出かけるときは必ず尿もれパットをつけていますが、できればつけないでも平気な体に戻りたいんです。
なにか良い改善方法はないでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
ふとした拍子に漏らしてしまう、というのは実は多くの更年期世代の女性が悩んでいる症状です。あまり人前では言えないというのもあって、大きな悩みになりがちですよね。
今回は、更年期の尿漏れの原因や改善方法についてお伝えしていきましょう。

尿漏れは骨盤底筋の緩みと「気」「血」の巡りの悪さが原因!

更年期の尿漏れは、女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、膀胱や尿道、子宮など骨盤内の臓器を支える筋肉である骨盤底筋群が緩み、骨盤の中にある臓器がきちんと支えられていないために起こるものです。

東洋医学的に考えると、加齢により泌尿器系、成長・発育・生殖を主る機能をもつ「腎」が衰えると、水分の代謝が順調に進まずに尿漏れを引き起こすと考えられています。
また、「気(生命エネルギー)」の不足や滞りによるストレスや緊張から尿意をがまんできなくなることもありますし、「血(血液)」が滞る「血瘀(けつお)」の状態も「腎虚」を引き起こします。
さらに、寒くなるとトイレが近くなるように、尿漏れの根底には冷えがあると考えられています。

次の章では、こうした更年期特有の悩ましい症状に対する具体的な解決方法をお伝えしていきましょう。

つらい尿漏れ悩みを解決するセルフケア3選!

1.骨盤底筋体操で改善する

骨盤底筋は内臓を下からしっかり支え、排泄をコントロールしています。
妊娠出産・肥満・加齢・運動不足・筋力不足などにより骨盤底筋群が弱くなり使えなくなると、尿漏れが起きやすくなります。
寝る前やテレビを見ながらでも簡単にできるトレーニングをご紹介しますので、ぜひ日常に取り入れて実践してみてください。

〈腰上げ運動〉
まずは、床に仰向けになって膝を立てます。
お腹とお尻の力を抜いて肛門、腟と尿道を引き締め、ふーっと息を吐きながら上に持ち上げて5秒間キープ。1日30〜50回繰り返しましょう。

〈スクワット〉
足を肩幅に開き、背すじを伸ばしたままゆっくり腰を落としてキープします。
10秒数えたら元の姿勢に。ひざがつま先より前に出ないよう気をつけましょう。これを5~10回繰り返します。

2.骨盤底筋をサポートするインナーを着用する

骨盤底筋を鍛えるには、常に引き締めるようにする意識づけが大切ですが、いつ何時でも引き締めを意識して生活するのは難しいものです。
最近では、はくだけで骨盤底筋をサポートし、骨盤まわりを引き締める効果のあるインナーがありますので、そうした商品を尿漏れパッドなどと合わせて試してみるのも良いでしょう。

3.おなかをじんわり温めましょう

丹田を温めることで膀胱の収縮性が良くなるといわれています。
丹田はへそから指3本分ほど下にある場所で、ここを冷やさないよう、カイロや湯たんぽで温めてみましょう。カイロを使用する際は低温やけどしないよう気をつけてくださいね。
また、入浴後は90分以内に寝床につくようにし、体が冷え切らないうちに寝るようにしましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

尿漏れの症状を改善するために、レーザー手術などを受けるという選択肢に加えて、根本的な改善を目的とした漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)です。
尿漏れに加え、疲れやすく冷えやむくみがあり、尿量減少や口の渇きがある方に効果的な漢方薬です。
また、胃腸が弱く、八味地黄丸(ハチミジオウガン)や牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)では食欲不振が出てしまうという方には真武湯(シンブトウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。

尿漏れを改善して、不安をスッキリ解消しましょう

今回は、尿漏れに悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
症状を和らげるには、毎日の生活の中で骨盤底筋を鍛えるトレーニングをしたり、おなかを冷やさないようにすることが大切です。
また、外出前や寝る前には水分を控えるなど、水分をとる時間にも気をつけましょう。

さまざまな更年期症状の改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。
セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事