蓄膿症に効く漢方薬5選

呼吸器症状

蓄膿症は思春期に多い病気です

蓄膿症とは、副鼻腔(ふくびこう)(鼻腔のまわりの骨の空洞)に膿がたまる(蓄膿)病気です。急性のものと、慢性のものがあり、前者はかぜによってひき起こされることが多く、鼻づまりのあと、濃い鼻汁が臭くなってくるのがふつうです。

このほかに、ほおやひたいのあたりに圧迫感があり、頭痛・頭重を訴えることも少なくないです。また、根気がなくなり、記憶力や注意力が低下するのがふつうです。さらに、声がかれたり、食欲が落ちることもあります。

蓄膿症は思春期に多い病気ですが、年少で発病したものは治りやすいですが、思春期以後ではなかなか治りにくいです。

蓄膿症の原因

慢性のものは、急性からの移行がほとんどですが、アレルギー体質、先天的な鼻中隔(びちゅうかく)の湾曲などもからんでいます。

この場合も、まず鼻づまりが原因です。鼻がつまれば、鼻(鼻汁)がかめません。かめないから鼻汁は鼻内の空洞にたまります。そのたまった鼻汁に、外から吸気とともに飛びこんできた化膿菌が入って、ちくのう症となるのです。

漢方を根気よく服用する

証があえば、前の項で紹介した処方を使用してもかまいません。むろん、根気よく服みつづけることが大切です。そのほかに、次のような処方があります。「かいびとう」と併用すればなお効果的です。

蓄膿症に効く漢方薬5選

大柴胡湯

丈夫そうにみえる大柄の人で、便秘・肩こりの傾向がある人に。

補中益気湯

虚弱体質で、貧血・胃下垂などがあり、食欲不振の人によい。

麻黄附子細辛湯

鼻汁はうすく、あるいはただつまるだけの虚弱体質の人に処方します。

半夏白朮天麻湯

胃アトニーなどがあって、発作的に頭痛・めまい・吐きけを起こす人によいです。

温清飲(うんせいいん)

顔色がわるく、貧血ぎみ、下半身が冷えるのに顔がほてり、鼻粘膜にかゆみのある場合。

漢方にもいくつかの流派があり、その主流は古方派(こほうは)(傷寒論・金匱要略)、後世派、折衷派です。上にに紹介した処方は、古方です。鼻には、古方の加味方(かみほう)に加えて、後世方が効果的である場合が多いです。次に、その漢方処方名のみをあげておきます。

柴胡清肝散(さいこせいかんさん)・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)・辛荑清肺湯(しんいせいはいとう)・葛根湯・加辛荑川芎(かしんいせんきゅう)。

システム治療の勧め

食生活が重要なポイントです。「鼻がつまる」の項で述べたことのほか、ワカメ・コンブ・海藻・小魚・大豆・緑野菜などを多くとるようにします(火を通し、生食しない)、あるいはトーストなどのこげた食物はとらないなどを守ります。

鼻洗浄方法

一日二~三回行うとよいです。コップに入れたぬるま湯に塩をとき、鼻から吸って口から出すもので、これで鼻の通りをよくします。ただし、かぜぎみのときにやると、中耳炎を起こすことがあるので、医師に相談した上で行うようにします。

なお、蓄膿症やアレルギー性鼻炎に対して「一日減食法」というシステム治療があります。「かいびとう」や漢方薬、健康食品を使用するものですが、くわしくは薬局に相談しましょう。そこでは、東洋医学に基いた鼻専門の刺激法・マッサージ指圧法も指導してくれます。

関連記事

おすすめ記事