食いしん坊キャラが一変! 生理前に食欲がなくなる私って変ですか?

体験談

生理の前になるとまるで食欲がわかない、吐き気や腹痛、倦怠感などの生理前の症状がつらくて食べたい気持ちになれない……。
それは、もしかしたら月経前症候群(PMS)による食欲不振の症状か!?
実は、多くの女性が月経前に起こる様々な症状に悩んでいます。

自分ではどうにもならない生理時の不調やつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「生理前の食欲不振」をテーマに内科医の中西先生にお話を伺ってみました。

いつもの食欲はどこへやら…生理前になると食事が喉を通りません

里江さん(38歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

生理前に食欲が増して食べ過ぎる、という話はよく聞きますが、私の場合はなぜか食欲がなくなりすぎてしまうんです。
この時期は、なんとなく気分が晴れずにうつうつとして、だるさを感じることも多いせいか、なんだか食に対する欲求も減ってしまって……。
ちなみに私、普段は食べるのが大好きで、グルメサイトを検索しては食べ歩きをしたり、お取り寄せしてまで美味しいものを求めてしまうほどの食いしん坊なんです。
でもこの時期は、どんなに美味しいお店に誘われても断ってばかり。この極端な食への興味の失い方に、友人たちもびっくりしているほどです。
一人暮らしなので誰かに食事を作らなければいけないわけでもなく、そのまま食べずに過ごしてしまうことも多々ありますが、そういう時に限ってすごく生理になってからの症状も重いように感じています。
どうしたら生理前の時期でも普段通りおいしく食事を食べられるようになるでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
生理前の症状として、食欲が増す方が多い印象があるかと思いますが、逆に食欲不振に陥ってしまう例も実は多くあります。
今回は、生理前に起こる食欲不振の原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

ホルモンバランスの乱れや「気・血・水」の滞りが食欲不振の原因に

月経前の食欲不振は、女性ホルモンのバランスの乱れで起こる月経前症候群(PMS)の症状の一つです。
月経時には食欲が増す方がいる一方で、倦怠感や腹痛、吐き気、体のむくみなどを不快に感じ、食欲がなくなってしまう方もいます。

東洋医学では、月経の前は「気・血・水(生命エネルギー・血液・水分)」が滞りやすくなると考えられています。「血」の不足や滞り、またそれによって「気」の巡りの悪化することからくるストレスも食欲不振の原因と言えるでしょう。

次の章では、こうした月経前に起きやすい食欲不振に対する具体的な解決方法をお伝えしていきます。

月経前の食欲不振を改善する3つのセルフケア

1.休養と睡眠をしっかり取りましょう

体に疲れがたまっていると、胃腸にも不調をきたすことがよくあります。
しっかりと睡眠と休養をとって、体力のの回復につとめましょう。
胃腸の機能が低下しているときに、無理に食べてしまうと消化不良に。お腹を休める時期と割り切って、消化しやすい食べ物や水分などを少しずつ食べましょう。

2.適度な運動&ストレスケアを大切に

ストレッチやウォーキングなどの軽い運動をすると全身の血流がアップして、胃腸の回復を促します。体調をみながら無理のない運動を続けてみましょう。
また、食欲回復のためには、たまったストレスを解消することも大切です。
大好きな趣味に没頭する時間を作ったり、夜はぬるめのお湯にゆっくり入って体を温めて、心と体をゆるめるのもオススメですよ。

3.鉄分とビタミン類の補給をしましょう

食欲がない時にバランスがとれた食事をとるのは難しいので、月経に備えて、普段から炭水化物以外の栄養が豊富な食材を摂ることを心掛けます。
特にたんぱく質や鉄分は、日本の女性は不足しがち。糖質の量を減らして、肉、魚、豆類を意識して食べましょう。

食事だけで十分な栄養素が摂れない時は、サプリやプロテインなどを取り入れてもいいですね。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

月経前の食欲不振を改善するために、市販薬やピルの服用などに頼るという選択肢に加えて、根本的な改善を目的とした漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)です。
生命エネルギーともいえる「気」の量が不足した「気虚(ききょ)」の状態の方になっている方の気を補い、胃腸の働きを促進して食欲を増進させてくれる効果があります。
また、痩せ型で疲れやすく、軟便やお腹のゴロゴロ感のある方には、冷えによる胃腸の不調を整えてくれる六君子湯(リックンシトウ)もオススメです。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。

生活の改善やストレスケアを心がけましょう

今回は、月経前の食欲不振に悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
食べられないことで気力体力が低下すると、月経前症候群(PMS)によるつらい症状がさらにきつく感じられるものです。普段から規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜め込まないように意識しましょう。

また、月経前の食欲不振には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。
セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事