腰が砕けそうに痛い! 生理のたびに鎮痛剤漬けの日々です…

体験談

生理の時に腰のあたりがぎゅーっと痛くなる、腰の鈍痛と重だるさで少し動くのもつらい…ということはありませんか?
実は、多くの女性が悩んでいる月経時の不快な痛みは「腹痛」だけではありません。

自分ではどうにもならない生理時の不調やつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか?
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「生理時の腰痛」をテーマに、神戸海星病院麻酔科の桐田泰江先生へお話を伺ってみました。

生理のたびに強い薬に頼ってしまう私…この腰の痛みは異常?

瞳さん(34歳女性)、プログラマーの方からご質問をいただきました。

このところ生理のたびに痛みや症状が段々ひどくなってきているような気がして、とても不安なんです。
もともとそこまでひどい生理痛に悩まされてはいなかったのですが、ここ数年、生理のたびに腰のあたりが砕けるように痛いんです。
腹痛はもちろんありますが、腰や股関節のあたりをゴリゴリ押されているような痛みがあり、どこか悪いんじゃないかと気になって仕方ありません。特に、生理になった初日と二日目は、出社して椅子に座っていることさえつらいほど。
当然仕事に集中できるわけもなく、本当は帰りたいくらいですが、男性の上司なのでなんだか言いづらくて……。
結局毎回鎮痛剤を飲んでやり過ごしていますが、強い薬を飲みすぎるのも不安ですし、このまま痛みが強くなっていくようなら到底我慢できないと思います。
どうしたらこの痛みを解消することができるでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
生理によるつらい腰の痛みを毎回鎮痛剤でやり過ごしてしまっているとのこと、効果を感じたとしても、強い薬を継続して飲み続けるのは不安ですよね。
では今回は、生理時の腰痛の原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

月経時の腰痛はプロスタグランジンによる子宮収縮が原因!

月経中に腰が痛くなるのは、プロスタグランジンという生理活性物質が深く関係しています。
プロスタグランジンは、子宮収縮を促して経血の排出をスムーズにしてくれる効果がありますが、排出の際に血管を収縮させる作用もあるので、その収縮によって腰の痛みが起こるのです。

東洋医学では本来、月経による痛みはないのが普通で、痛みがあるのは「血」(血液)の巡りが悪く滞っている状態「お血」にあると考えられています。
また、血の滞りによって「気」(生命エネルギー)も不足することも痛みの原因となります。

次の章ではこうした月経時期特有の悩ましい症状に対する具体的な解決方法をお伝えしていきましょう。

月経時の腰痛をやわらげる3つの対処法

1.腰やおなかを温めましょう

月経中の冷えは痛みを悪化させる大きな原因になります。
月経中は特に、お腹周りや足腰を冷やさないようにしましょう。
インナーを工夫したり、タオルケットやカイロなども利用して腰や下腹部をあたためためるのはもちろん、入浴もシャワーで済ませず、湯船にゆっくりつかりましょう。
熱すぎない程度のお湯にゆっくりと浸かることで、体を芯から温めると痛みが和らぎます。

2.ストレッチをして血行をよくしましょう

月経の時は、痛みやだるさで一日中寝込んでしまうこともありがちですよね。
でも、あまり動かずに骨盤内の血流が滞ると、かえって月経痛が強まってしまうことがあります。
お風呂上がりの簡単なストレッチで腰を伸ばしたり、お仕事中でも座りっぱなしで作業せず、たまに立ち上がって腰や腕、肩を伸ばすようにして血行をよくしましょう。
ただ、動くことでさらに具合が悪くなってしまうほど月経痛がひどいときには、無理をしないで休むことも大事です。

3.ホットドリンクであたためる

月経の時には、体を冷やす冷たい飲み物やカフェイン入りのコーヒー・緑茶は控えましょう。
オススメなのは、温かい紅茶にすりおろしたしょうがを加えたものや、マグネシウムを多く含むホットココアなど。ココアに含まれるマグネシウムには、血行を良くしてイライラを抑える効果もあるので、月経中に甘いものが欲しくなる人には一石二鳥です。
また、甘みを加えるなら白砂糖は避け、ミネラル分の多い黒蜜やメープルシロップなど血行促進の働きがある糖を取り入れるようにしましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

月経時の腰痛を改善するために、市販薬や処方薬に頼るという選択肢に加えて、根本的な改善を目的とした漢方薬の服用もおすすめです。
特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)です。
「気」「血(けつ)」の流れを良くして痛みを緩和する効果があるため、腰の痛みにも効果的です。
また、冷えが強く、のぼせなどもある方の月経時の腰痛には、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)もオススメです。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。

痛くなりづらい体づくりで月経期間を乗り切ろう!

今回は、月経時の腰痛に悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
痛みが強いと、つい市販の鎮痛薬などに頼ってしまいがちですが、まずは体を内から外から温めること、入浴やストレッチなどで血行をよくしたりして痛みづらい体づくりを意識するようにしましょう。
月経時の腰痛に効果を発揮する漢方薬もたくさんありますので、セルフケアをしても良くならない場合は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事