生理痛と嘔吐で目の前が真っ白! 怖くて外出できません…

体験談

生理の時にお腹や腰の痛みが強すぎて吐くほどつらい、経血量が多いために貧血が悪化して気持ちが悪くなり吐いてしまう……などの症状はありませんか?
実は、多くの女性が悩んでいる月経時の不快な症状は「腹痛」だけではありません。

自分ではどうにもならない生理時の不調やつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか?
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「生理時の嘔吐」をテーマに、内科医の中西先生にお話を伺ってみました。 

嘔吐への恐怖で外出が怖い…どうしたらこの症状が消えますか?

祐奈さん(34歳女性)、デザイナーの方からご質問をいただきました。

毎回ではないのですが、数年ほど前から、生理の重い日にものすごく体調が悪くなって、嘔吐してしまうことがあるんです。
数ヶ月前の生理のときも、たまたま生理の時に打ち合わせで外出しなければならず、あやうく大惨事になりかけました。
その日は電車が混んでいたこともあり、腹痛を我慢しながらもしばらく立っていました。そのうち、急に目の前が真っ白になったかと思うと、胃のあたりがぎゅーっと絞られるような感じで気分が悪くなってしまって……。
これは吐く!と思って慌てて崩れ落ちるようにホームに降りたら、奇跡的に目の前にトイレが! 
その時はギリギリ間に合ったものの、吐いてもスッキリするどころか、脂汗まみれでめまいはするわお腹も痛いわで、仕事をキャンセルして一目散に帰ってきてしまいました。
それ以来、生理の時に仕事が入りそうになると何かと言い訳してキャンセルしないと不安になってしまって……。ただ、フリーランスなのでいつまでもそんなことも言ってもいられません。
なんとかこの症状を改善する方法はないでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
お仕事などやむを得ない事情で外出しなくてはならない時に、重い生理の症状が重なってしまうとつらいですよね。
それでは今回は、生理時に起こる嘔吐の原因や改善方法について、詳しくお伝えしていきましょう。

胃液の過剰分泌と痛みによる吐き気が嘔吐の原因!

月経時の悪心は、「プロスタグランジン」という生理活性物質によるもの。
この物質が、子宮を収縮させて経血の排出をスムーズにしたり、胃腸の働きを亢進させる作用があります。
分泌量が多い時には、腹痛を強く感じますし、胃液が過剰に分泌してしまうことで吐き気が起こってしまいます。

また、東洋医学では「気・血・水(生命エネルギー・血液・水分)」の流れが滞ることによって痛みや吐き気など、月経時の様々な症状が起きると考えられています。

次の章ではこうした月経時期特有の悩ましい症状に対する具体的な解決方法をお伝えしていきましょう。

嘔吐しない体質をつくる3つのセルフケア

1. 体を締め付けない暖かい服装で過ごしましょう

デニムやウエストのきつすぎるもの、サポートタイプのインナーなどは、特に月経中は避けるようにしましょう。
体を圧迫する服装は、血流の流れを滞らせて冷えを促進し、冷えによる痛みを増強してしまいます。
痛みによって嘔吐が起こるタイプの方は特に気をつけて、胃や腹部をしめつけないリラックスした服装を心がけることが大事です。保温効果のある暖かいインナーを着るのもオススメです。

2.ゆったりストレッチを取り入れよう!

月経中や吐き気の強いときに激しい運動はNGですが、血の巡りをよくして気の滞りを流すためにも、日常生活の中にかんたんなストレッチを取り入れて見ましょう。

*足腰の曲げ伸ばしストレッチ

長時間のデスクワークや家事などで前かがみで座り続けていると胸や下腹部が圧迫されてしまいます。
腹部の圧迫は月経中の吐き気を強める原因になってしまうため、たまに立ち上がって深呼吸をしながら足腰を伸ばすストレッチをしましょう。

*寝ながらストレッチ

お風呂上がりなどで体が温まっている時に、仰向けの姿勢でストレッチしましょう。
両足を曲げ、息を吐きながら左右に開き、股関節や腰椎をゆっくりとゆるめることで、血流がアップします。

3.貧血を防ぐ食べ物で吐き気を防ぎましょう 

経血によって多くの血が失われる月経時には、貧血によって吐き気が起こることがあります。
普段から、貧血に効果のある食材を積極的に摂るようにしましょう。

貧血に効果のある食材:ひじき・小松菜・レバー・あさり・マグロ・アボカド・ココア・チョコレートなど

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

月経時の頭痛を改善するために、市販薬や処方薬に頼るという選択肢に加えて、根本的な改善を目的とした漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適しているのは、五苓散(ゴレイサン)です。
体内の水の巡りを改善する漢方薬で、めまいやむくみを伴う吐き気や胃腸炎などの症状にも効果的です。
また、緊張性頭痛や頭痛に伴う嘔吐のある方は、体をあたためてみぞおちのつかえを取る呉茱萸湯(ゴシュユトウ)もオススメです。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「オンラインAI漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。

体を締めつけずリラックスして過ごしましょう

今回は、月経時の嘔吐に悩む方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。

月経時の痛みやストレスによって自律神経や「気・血・水」のバランスが乱れると、不快な吐き気や嘔吐などの症状に繋がります。
月経の時は温かくして、体も心もリラックスして心穏やかに過ごすようにしてみてください。
月経時の嘔吐の症状には漢方薬が優れた効果を発揮することがありますので、取り入れてみるのもオススメです。

もし動けなくなるほどのつらい月経痛や多量の出血がある場合、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系の病気が原因になっていることがあります。我慢せずに早めに婦人科を受診されてくださいね。

関連記事

おすすめ記事