低血圧の方に効果のある5つの漢方薬と食事法

全身症状

命とりになることはありません

男性で最高血圧が一〇五以下、女性で一〇〇以下なら、低血圧です。ことに最高血圧が八〇以下になると、からだがだるくなり、立ちくらみがして生活ができなくなります。

もっとも、低血圧が高血圧ほど問題にされないのは、これが命とりになることはないからです。むしろ「血圧が低い人は長生きする幸せな人だ」という医者もいるくらいです。なお、低血圧症という病名はありません。

低血圧の症状

一般に血圧の低い人は無力体質で、神経質な人に多く、ふだんの活動能力がどうしても弱くなります。そのため、疲れやすい、立ちくらみや脳貧血を起こしやすい、手先や足先が冷える、ちょっとしたことで息切れがする、朝起きるのがつらいといった症状が出やすいです。あるいは、頭痛・頭重・耳鳴り・食欲不振・便秘または下痢・生理不順などが起きることも多いです。

しかも、血圧が低いことで悩む人は、今あげた症状が三つも四つも重なって起きるから、ご当人としては深刻にならざるを得なくなります。

いわば、半健康のデパートみたいなものです。

原因

多くは体質的なもので、これを本態性(ほんたいせい)低血圧といいます。しかし、低血圧が病気の一症状としてあらわれる場合もあり、これを症候性(しょうこうせい)低血圧と呼びます。慢性の病気で全身が衰弱しているとき、胃かいようなどの大出血、粘液水腫、アジソン病、シモンズ病、栄養失調などであります。症候性のものの場合は、原病を治療することで、低血圧も正常にもどります。

漢方は自覚症状を好転させる

高血圧とはちがって、半健康の状態だから、積極的に漢方を使用してかまいません。体質改善をはかる目的もありますが、自覚症状を取り去ることができれば、必ずしも血圧が上昇しなくてもよいのは高血圧の場合と同様です。

低血圧におすすめの5つの漢方薬

真武湯(しんぶとう)

虚弱体質で、疲れやすく、下痢ぎみ、めまい、手足の冷えをおぼえ、貧血ぎみの人に。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

貧血症の人で、胃下垂などがあり食欲不振、疲れやすく、元気のない人に。

半夏白朮天麻湯(はんげはくじゅつてんまとう)

胃下垂などで、食事をすると眠くなり、頭痛とめまいをともなうものによいです。

ところで、この処方は「血圧が高い」の項にも登場しました。これは、血圧が異常な状態になっている体質を治すということで、処方が両方にまたがっても決して不思議ではありません。そして、このことからも、漢方薬がたんなる血圧降下剤・上昇剤でないことがおわかりいただけるでしょう。

当帰芍薬散

めまい・貧血・どうき・頭重があり手足が冷える、生理不順の女性に用います。

当帰芍薬加附子湯

上よりも症状が強い人に。

タンパク質と脂肪を多くとる

血圧が低くても、なんの自覚症状もない本態性のものは、まったく心配ありません。症状が強くあらわれる場合には、まず精神の安定をはかり、食事はタンパク質と脂肪が多く、消化のよいものをとるようにします。刺激の強い食品や酒・タバコは避けたほうがよいです。適度の運動も必要です。

なお、高温になると、血管が弛緩し、血圧は低くなります。低血圧の人が夏に弱いのはこのためです。

Pick Up!

関連記事