白菜(ハクサイ)から得られる効果、効能

ハ行の食材

▼便秘、利尿、解毒

霜の降るころ、なお青々と畠を彩る冬菜は瑞々しいです。「白菜の山に身を入れ目で数ふ」は出荷風景でしょうか。中国や韓国では菜類で最も常食されているのが白菜だといいます。日本でも鍋物にこれがないと間抜けしたようになるし、漬物、汁物などに広く利用されています。冬場のビタミン補給に最適の野菜です。

白菜(ハクサイ)とは

ハクサイは中国の東北部が原産というアブラナ科の越年生草本です。カブと漬菜を交配してつくれたもので、日本には慶応二年に渡来したとか。漢方では整腸、緩下の作用があるとされています。『名医別録』という本草書にも、「腸胃を通利し、胸中の煩を除き、酒渇を解す」とありました。鍋物やすき焼きで一杯といった場合には都合のよい野菜といえるわけです。

白菜(ハクサイ)の効果、効能

白菜の95%は水分で占められています。しかし淡白野菜としては多めのビタミンAやCを含み、インドール化合物を含有しているのが特徴です。この成分には発ガン物質の解毒酵素をつくる働きがあって、ガン予防に効果的です。同じアブラナ科のキャベツやカブにも共通であります。塩分を調節するカリウムや骨を強くするカルシウムにも恵まれているので、老人食にも適しているでしょう。

民間療法

民間療法でも用途は広いです。まず便秘の解消には白菜スープがあります。刻んだ白菜にショウガ汁と酒で味を調えスープをつくってみましょう。ミネラル分に富む芯を捨てないで入れるのがポイントです。便秘だけでなく利尿効果もあるからむくみのあるときに適しています。疲れて食欲がないときは辛味の効いた甘酢漬けがよいです。

二日酔いには白菜をガーゼに包んでつぶし、しぼり汁を盃に1~2杯飲むと、酒毒を消す作用があります。火傷には白菜で冷やすと効果的です。冷やす力で炎症を和らげるのだから早く湿布するほど効きます。漆かぶれなどには白菜を摺り鉢でどろどろにし、湿布を繰り返すと痒みが緩和されるでしょう。

調理するときに注意したいのは、白菜のビタミンCやカルシウムは水溶性だから水や熱に弱いことです。加熱しすぎないようにし、溶けた栄養分もとれるよう煮汁なども工夫したいです。また糠味噌漬けにした場合はビタミンCの量を保ったままB1、B2が増えて整腸作用も強化されるメリットがあります。キムチのようにニンニクやトウガラシを加えるのもよいです。さらに抗酸化力を強め、免疫力を高めるからです。

雪国ではよく白菜を洗っている風景に出会います。「洗い上げ白菜も妻もかがやけり」は、冬支度の1つを終えてホッとした点景でしょう。これから漬物の仕込みにかかり、長い冬に備えるのです。「壁土の日がざらざらと冬菜干し」も雪囲いのある地方でみられる光景です。白菜は代表的な冬の蔬菜です。

関連記事

おすすめ記事