冬瓜(トウガン)の食材としての効果、効能

タ行の食材

▼利尿、緩下、消炎

中華料理にはよく冬瓜(トウガン)が使われます。冬瓜と書いて冬瓜(トウガン)と読みます。盛夏の季節料理ですが、貯蔵でき、冬でも食べられるからこの名があるといいます。味は淡泊で上品な風味があり、脂っこい料理のあとの口直しによいです。和食でも煮物、味噌汁、クズを加えたすまし汁の身に、そして漬物にも用いられます。スイカのように大きいので切り売りもしているようです。

冬瓜(トウガン)とは

冬瓜(トウガン)は熱帯アジアの原産でウリ科の一年生蔓植物です。古い時代に中国から伝わり、畑で栽培れてきました。茎が地上を這い、巻きひげがあります。夏に黄色い花を開き、果実は大きくて球形か円筒状です。果肉は厚く白色で水分が多いです。中心部が空洞で六列の筋には多数の種子がついています。

冬瓜(トウガン)の効果、効能

食用にするのは果肉ですが、その90%以上は水分です。栄養素はビタミンCとカリウム程度です。何よりのメリットは利尿効果があって体熱を冷まし、暑気あたりを防いでくれることでしょう。夏野菜の特徴です。生のしぼり汁を飲むと発熱や糖尿病の喉の渇き、食あたりに効きます。尿の出が悪いときは冬瓜(トウガン)のしぼり汁に蜂蜜を加えて飲むと効果があります。

漢方では種子を日干しにしたものを「冬瓜子」といい、利尿、緩下、消炎の目的に使います。冬瓜子には脂肪油とサポニン類が含まれており、肛門周囲炎、尿道炎、痔疾、月経困難症などに用いる大黄牡丹皮湯などは冬瓜子を配合した代表的な処方です。民間薬でも冬瓜子5~10グラムを500㏄の水で半量に煎じ、食間に1日3回飲むと腫れ物や浮腫に効くと伝えられます。

摂取方法

また冬瓜(トウガン)の果皮を日干しにして刻んだものを保存しておき、体にむくみがあるとき1日量20グラムを煎じて3回に分服する方法もありました。これは利尿作用を狙ったもので、ダイエットにも効果的です。さらにソバカスをとるのに冬瓜子と白桃花を同量粉末にして蜂蜜で練り、これでパックすることもかなり知られています。

冬瓜(トウガン)は含め煮が一般的な食べ方です。淡泊なので旨味のあるものと組み合わせるとよいです。田楽にしたり、そぼろあんかけにすると淡泊な味が引き立ちます。皮を剥いて大きめに切り、下茹でしてから調理します。下茹でをして密閉容器に入れ、冷蔵庫に保存しておくと、汁の身としてすぐ使えるから便利です。

「冬瓜のころげて荒るる畠かな」という句がありますが、実は保存性を考えてわざと収穫しないわけで、野放図に放っておくのではないです。江戸の『農業全書』には冬瓜の項に「まだ白き粉を生ぜざるときはとるべからず。早くもぎたるはくさりやすし」とありました。「さばさばと生き来て厚き冬瓜汁」という味な句もあります。

関連記事

おすすめ記事