春菊(シュンギク)の食材としての効果、効能

サ行の食材

▼降圧、消炎、利尿

冬の鍋物に欠かせない野菜といえば春菊(シュンギク)です。癖のある香りからアクの強い野菜と思われがちですが、実は下茹での必要もないほどにアクは少ないです。最近のものは露地栽培から砂利と水で育てる礫耕栽培に変わったためで、むしろ独特の香りや食感が薄れたような印象さえ受けます。だが栄養面では、いささかも衰えていないというからご安心下さい。わたしなどはまだ露地物へのこだわりを捨てきれません。

春菊(シュンギク)とは

春菊(シュンギク)は地中海沿岸の原産といわれるキク科の一年草です。日本には中国を経て江戸時代の後期に伝わりました。春に花を咲かせるのでこの名があるらしいです。食用にするのは東アジア地域だけで、ヨーロッパでは観賞用として栽培されているといいます。葉先まで緑色が濃く、みずみずしい葉菜です。

春菊(シュンギク)の効果、効能

春菊(シュンギク)の特徴は、何といっても独特の香りでしょう。その成分はαピネン、ベンズアルデヒドなど10種類の物質で構成されています。この香りは自律神経に作用し、胃腸の働きをよくしたり、痰を切り咳を鎮めるなどの効果を示します。アロマテラピーと呼ばれる香りの医学領域でも、ひとしきり注目された成分です。

ほかの栄養素としてはカロテンとビタミンCの含有量が多いです。緑黄色野菜の中でもカロテンはトップクラスで、100グラムで一日のビタミンA必要量を満たすことができます。Cとともに抗酸化力と免疫力を高め、ガンの予防や肌荒れに効果を示します。代謝をよくして細胞の再生や成長にかかわるB1も豊かです。

ミネラル分も見逃せません。とくに多いのはカリウムで、利尿効果と過剰な塩分を体外に排泄する働きがあります。その結果として血圧が安定し、体のむくみがとれるなどのメリットが生ずるわけです。妊婦に限らず、夕方になると脚がむくむオフィスレディーなどに、ぜひ春菊(シュンギク)を勧めたいです。

民間療法

民間療法でも春菊(シュンギク)は幅広く利用されてきました。高血圧にはしぼり汁を飲むとカリウムの働きで降圧が期待できます。打撲、捻挫、しもやけなどにも春菊(シュンギク)のしぼり汁で湿布すると効くようです。腫物には葉をつぶしてよくもみ、これを貼っておくと効きます。食用の部分を陰干しにして布袋に詰め、入浴に使うと補温性の浴剤にもなると伝えられています。肩凝りや神経痛にも効果があるといいます。

浸し物や和え物にするときは、さっと茹でて冷水にとり、色止めをします。水にさらしすぎるとビタミンが損なわれるから要注意です。また脂溶性の成分を活かすためには炒め物や天婦羅など、油を使う調理を工夫したいです。「夕支度春菊摘んで胡麻摺って」と、茹でて食べるときもゴマ和えのようにすると、香りも食感も引き立つでしょう。

関連記事

おすすめ記事