カブの食材としての効果や効能とは

カ行の食材

▼胃弱、去痰、消炎

『日本書紀』にも登場するくらいのカブは、古名をナズナと云いました。つまり春の七草の1つに数えられるものです。中国には諸葛孔明が戦の合間をみて食糧の補給にカブをつくらせたという伝説があり、諸葛菜とも呼ばれています。「酒好きの味にうるさし蕪蒸」といった句もあるように、いろんな料理が楽しめる食材でしょう。

カブとは

カブは西アジアに自生していた植物をヨーロッパで改良して生まれたアプラナ科の野菜です。日本に中国から渡来したのは奈良時代よりも前のことらしいです。ダイコンよりも先輩格ですが、栽培量は少ないです。根に消化酵素を含み、葉にはビタミンやミネラルの豊かな緑黄色野菜であることは、ダイコンと同じです。

カブの持つ効果や効能

主な栄養素もダイコンと似ていて、丸く膨らんだ白い根の部分よりも、葉の部分に栄養が集まっています。皮膚や粘膜の抵抗力を強めるカロテン、糖質や脂質の代謝を促すビタミンB1やB2、美肌や免疫力を高めるC、骨の強化や貧血に効くミネラル、体内の有害物を排出する食物繊維のリグニンなどが、緑の葉には多いです。

根の部分には炭水化物の消化を助けるジアスターゼや、澱粉を外解するアミラーゼなどの酵素が豊富です。食べすぎや胸焼け、胃弱などに効果があります。煮物にすれば胃腸を温めてくれるので、冷えによる腹痛を防ぐ食品と云えるでしょう。ビタミンCもわずかに含まれているから、風邪予防の冬野菜としては有効です。

こうみてくると、栄養豊かな葉っぱを捨ててしまうのは理不尽な話です。もっと活用したいところですが、難点はアクが強いことでしょう。これを除くには下茹でする必要があり、熱に弱いビタミンCは半減してしまう懸念があります。ところがうまいことに、カブの葉のC量はホウレンソウの倍以上もあるから、あまり気にすることもないです。

成分を無駄にしたくなければ、味噌汁の具に使う手もあります。溶け出した成分を汁ごと食べればよいです。葉の特有な匂いを敬遠したい人は七味唐辛子などをきかせる調理法もあるはずです。カブの浅漬けなどにも、ぜひ葉を刻んで使いたいものです。「玻璃囲ふ九谷絵皿へ蕉雪」これは旨いです。

民間療法

民間療法でもカブの効用は広いです。声が枯れたとき、根のおろし汁をコップに半分も飲むと滑らかになるし、咳や痰が出るときはこの汁に砂糖を加えると効果があります。腫れ物や虫刺されにはカブの根と葉に塩を少し加え、よく揉んで湿布するとよいです。ちなみにカブの保存は、葉を切り落として根と別々にくるんでおくと長持ちします。

関連記事

おすすめ記事