痰が多い時に気を付ける事

呼吸器症状

これまた防御反応ですが

痰(喀痰(かくたん))もまた、セキと同じように生体の防御反応で、気管や気管支、それに肺胞などからの分泌物・滲出液が、気道をとおって外に排出されるものです。ときには、肺にできた空洞、膿瘍(のうよう)などの内容物であることもあります。

痰が多く病気が考えられる場合

痰が多いときには、気管支拡張症や慢性気管支炎、肺結核などの疑いがあります。黄緑色か灰白黄色をした痰(膿性痰)は、細菌の感染がある場合です。不透明な黄色で、ねばねばしている痰(粘液膿性痰)は、気管支肺炎などにみられます。血痰は、かぜや気管支炎で少量出ることもありますが、肺ガンや肺結核のこともあるので、正しい診断を受ける必要があります。

漢方では処方はセキと同じ

現代医学でもそうですが、漢方では痰が切れやすいか切れにくいかにわけ、これを重視します。また、痰の性状もねばりけがあるか、色はどうか、勾いはあるか、などを観察し、判断の基準にします。

多くの場合、分泌物である痰はセキと同時に出てくます。これを嗽というのは、すでに「セキが出る」の項で述べたとおりです。処方についても「セキが出る」の項を参照していただきたいです。

咳の記事

民間療法

ミカンの皮を乾かしてきざんだもの(陳皮(ちんぴ))を煎じ、さらにこれにハチミツ(蜂蜜(ほうみつ))を入れて飲むと、効果があるといいます。クロマメやナンテン(南天)も、タンに対する民間薬です。

関連記事

おすすめ記事