苦参(くじん)の詳しい生薬解説

漢方事典

日本各地、朝鮮半島、中国、シベリアなどに分布しているマメ科の多年草、クララ(㊥苦参Sophoraflavescens)の根を用います。苦参という名は苦い根という意味で、和名のクララも苦さのためにクラクラとすることに由来します。

成分にはアルカロイドのマトリン、オキシマトリン、アナギリンやフラボノイドのクラリノールなどが含まれ、マトリンには中枢神経抑制や血管や子宮を収縮する作用、利尿作用、抗真菌・駆虫作用などが報告されています。このマトリンや種子のシチシンなどのアルカロイドは有毒であり、誤飲すれば痙攣などが発現します。またクララの茎や葉の煎液は農業用の殺虫剤としても知られています。

漢方では清熱燥湿・止痒・利水の効能があり、さまざまな炎症や細菌性の下痢、排尿障害、湿疹や皮膚瘙痒症などに用います。下痢には木香・甘草などと配合し、黄疸には竜胆・山梔子などと配合し、帯下などには黄柏・蛇床子などと配合します。皮膚疾患には外用薬としても用います。近年、中国では細菌性腸炎や肺炎、扁桃炎などに苦参注射液、急性肝炎などに苦参の粉末カプセル、白癬菌症に苦参エキスの配合された軟膏などが応用されています。

①消炎作用

さまざまな皮膚疾患、たとえば湿疹、皮膚化膿症、皮膚瘙痒症などに用います。主婦湿疹などで手に熱感の強いときには黄芩・地黄と配合します(三物黄芩湯)。アトピー性皮膚炎や皮膚瘙痒症には防風・蝉退などと配合します(消風散)。また湿疹やあせも、陰部瘙痒症などのときには洗浄剤、湿布剤として用います(苦参湯)。皮膚が赤く腫れて膿が出て、下肢が痛むときには当帰・黄芩などと配合します(当帰拈痛湯)。

②利尿作用

熱のために尿利が悪くなったときに用います。利尿には単独、あるいは当帰・貝母と配合します(当帰貝母苦参丸)。

処方用名

苦参・苦参片・クジン

基原

マメ科LeguminosaeのクララSophoraflavescensAit.の根。

性味

苦・寒

帰経

心・脾・大腸・小腸・肝・腎

効能と応用

方剤例

清熱燥湿

①香参丸・治痢散

大腸湿熱の下痢・裏急後重に、黄芩・馬歯莧・葛根・木香などと用います。

②苦参地黄丸

血便・痔出血には、地楡・槐角・生地黄などと使用します。

③竜胆苦参湯

湿熱の黄疸には、竜胆草・山梔子・茵蔯などと用います。

殺虫止痒

三物黄芩湯・治陰道滴虫方

疥癬・湿疹などの瘙痒に、単味であるいは白鮮皮・蛇床子などと用います。

湿熱による帯下・陰部瘙痒にも、黄芩・白頭翁・蛇床子などと内服・外用します。

その他

当帰貝母苦参丸

通利小便の効能をもつので、湿熱による小便不利に用います。

臨床使用の要点

苦参は苦寒で沈降下行し、清熱燥湿・祛風殺虫ならびに通利小便に働くので、下痢・痔疾・湿熱瘡毒・疥癬麻風・湿熱黄疸などに有効です。湿疹瘡毒・女性の陰部瘙痒など皮膚疾患に内服・外用することが多いですが、外洗するか丸剤に入れるのがよいです。

参考

苦参は、清熱止痢の効能は黄連に、下焦湿熱を除く効能は竜胆草・黄柏に似ますが、さらに利小便・殺虫の効能をもち、皮膚疾患によく奏効するのが特長です。

用量

3~9g、煎服外用には適量。

使用上の注意

脾胃虚寒には禁忌です。

関連記事

おすすめ記事