首が痛い、腫れに効果的な4つの漢方薬

症状別の漢方

いちばん多いのがいわゆる”寝違え”、筋を違えたという場合です。
これは無理な姿勢で寝たため、頸部の筋肉が異常に緊張したり、引っ張られることで起こります。
病気というほどのものではありませんが、医学的にいえば項筋(こうきん)・胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)のけいれんです。
軽いものなら1~2日、長びいても1週間くらいで自然に治ります。

考えられる病気

単に首が痛い・凝るという程度なら、あまり問題はないですが、腫れてきた場合はバセドウ病(のどぼとけの下あたりが腫れる)、急性リンパ腺炎、癤(せつ)や癰(よう)(悪性のおでき)、ガンなどの恐れがあるので、ただちに医師の治療を受けることが必要です。

寝違えたときの応急手当

頸部にタオルなどを巻いて、その上から包帯で固定し、首の安静をはかります。
急性期にはマッサージはしないほうがでしょう。
この時期は冷湿布が気持ちよく、入浴は2~3日後に。

漢方には寝違えに優れたききめがある

漢方では、寝違えのことを失枕(しっちん)・落枕(らくちん)といいます。
肩から首のつけねにかけて痛むという場合が多いですが、次のような処方を用います。

首が痛い、腫れに効く漢方薬

葛根湯(かっこんとう)

体力があって、胃腸が丈夫な人に処方します。

桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)

胃腸が弱く、疲れやすく、ちょっと動いてもすぐ汗をかくという人に用います。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

痛みがひどいときの痛みどめに。

芍薬甘草附子湯(しゃくやくかんぞうぶしとう)

上よりも症状が強い場合に用います。

Pick Up!

関連記事