口臭が気になる方に効果的な漢方薬4選

症状別の漢方

たんなる気のせいかもしれません

タバコを吸う人、歯をみがかない人の口がくさいのは当然です。こうした原因が思いあたらず、それでも口臭があると思っている人は、ほとんどが気のせいと考えて、まずまちがありません。神経質な人は、多少の口臭でも気にしますが、「生きている以上無臭ということはありえない」と考えるくらいの開き直りがほしいです。

考えられる病気

子どもに多いのが、歯肉炎です。 歯の生えぎわが赤くはれ、出血、化膿しやすく、口がくさくなる。朝、とくにくさみが強いです。

大人なら歯槽膿漏(しそうのうろう)を疑います。これも眠っているときに血や膿が口内にたまるため、やはり朝起きたときにくさいです。歯ぐきは色がわるく、だんだんやせてきます。押すと膿が出てくることが多いです。

そのほか、消化器に病気があるとき(急性や慢性の胃炎・胃アトニー・胃がんなど)、鼻に病気があるとき、呼吸器の病気(肺えそ・肺膿瘍など)でも口臭があります。

口臭が気になる方の漢方薬

桂枝五物湯(けいしごもつとう)

口臭一般に用いられます。ことに、歯肉炎や歯槽膿漏のものによいです。

半夏瀉心湯

胃腸カタルがあり、みぞおちがつかえ、吐きけがあり、舌苔があるものに用います。

甘草瀉心湯

胃腸カタルがあり、腹が鳴り、下痢ぎみで気分わるく、口内炎を起こしている人に。

調胃承気湯(ちょういじょうきとう)

口臭強く、便秘する人に用います。

関連記事

おすすめ記事