夏バテに効果的な3つの漢方薬

全身症状

高温多湿な日本の夏は、自律神経を失調させやすく、血圧が下降し、夜は眠れず、食欲は進まなくなります。
そのために昼間は疲れやすく、頭は重くなり、何をするのも億劫になる、という悪循環にも陥ります。
暑さのためにますます血圧が下がっていまう低血圧症の人に多く、睡眠不足や過労などからもひき起こされることがあるでしょう。

家庭療法

この悪循環を断ち切るには、仕事のペースを落とすことがなにより大切です。
できれば毎日1時間程度、涼しいところで昼寝をしましょう。
あるいは気分転換を兼ねて、海や山へ行くのもおすすめです。
食事は栄養のバランスを考えて、美味しく食べることが夏バテ防止になるでしょう。

夏バテした場合におすすめの漢方薬

五苓散(ごれいさん)

夏バテに最も多く使われるます。
嘔吐・頭痛・口渇・発汗・尿が出ないの症状がある場合に効きます。

清暑益気湯(せいしょえっきとう)

いかにも夏バテ・暑気あたりに効きそうなネーミングではないでしょうか。
食欲がなく、体がだるく、痩せて、作業意欲がないというときにピッタリです。
体力が中程度以下の人に効きます。

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)

貧血がある、強い虚証の人におすすめです。

民間療法

ビワの葉がよく使われます。
五月ごろに採集したものをよく乾燥し、10~15gを200ccの水で煎じて、半量にしたものが一日分です。
煎じるときに生姜(ヒネショウガ)の汁少々か、ミカンの皮、シソの葉などを加えると、さらに効果的だといわれます。

関連記事

おすすめ記事