茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)は消化器症状と浮腫むとき

漢方事典

茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)はお腹がポチャポチャし、浮腫みがあるときによく使われます。

処方のポイント

消化噐周辺の水分流通を改善する「茯苓飲」と、のど周辺部の詰まり感に適応する「半夏厚朴湯」を合わせたもの。
はきけ、食欲不振等の消化器症状に適応します。
抑うつ気分等の神経症状にも応用されます。
辛味で、温服が効果的です。

茯苓飲合半夏厚朴湯が適応となる病名・病態

保険適応病名・病態

効能または効果

気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気、胸やけなどがあり、尿量の減少するものの次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、溜飲、胃炎。

漢方的適応病態

1)胃の痰飲で悪心、嘔吐あるいは咽中炙臠があるもの。
すなわち、上腹部がつかえて苦しい、膨満感、胃部の振水音、ときに水様物の吐出などの症候があり、咽のつかえ感を伴うもの。

2)脾気虚の痰飲で悪心、嘔吐あるいは咽中炙臠があるもの。
すなわち、食欲不振、疲れやすい、元気がない、食べると腹が脹るなどの脾気虚の症候に、上腹部膨満感、胃部振水音、尿量減少、呑酸、嘔吐などの痰飲の症候があって、咽のつかえ感を伴うもの。

茯苓飲合半夏厚朴湯の組成や効能について

組成

茯苓5 白朮4 人参3 枳実1.5 陳皮3 生姜1 半夏6 厚朴4 蘇葉2

効能

健脾利水・理氣化痰

主治

脾虚水停・気滞痰鬱

解説

「茯苓飲合半夏厚朴湯」は「茯苓飲」に「半夏厚朴湯」を合わせた処方です。
「茯苓飲」は脾胃の虚弱を補益しながら、痰飲を取り除きます。
「半夏厚朴湯」は理気化痰作用によって、痰気鬱結(痰と気が一緒に入りまじる)の病証を治療します。

「茯苓飲合半夏厚朴湯」は脾虚と痰気内停による神経性胃炎、鬱症、眩暈、吐き気などの疾患に用いられます。

「茯苓飲」にさらに理気、化痰作用が強化されているので、虚より実の病証に傾くときを働目目標とします。

臨床応用

◇胃炎

健脾、利水理気作開があるので、脾虛による食欲不振淡舌痰飲停滞による悪心、嘔吐、苔白滑と気滞による胃部蹦の症状に用います。
症状のすべてが揃わなくても用いることができます。
舌紅、苔黄、口渇など、熱症状がみられるときには用いてはいけません。

◇鬱症

疏肝解鬱の効能はありませんが、理気化痰の作用が優れているので、脾胃に停滞する痰気を軽快できます。
鬱症から生じた胃腸症状(ゲップ、悪心、胃満、食欲不振)を緩和させます。

◎イライラ、両脇脹満など肝気鬱結の症状があるとき+「逍遥散」(疏肝解鬱)

関連記事

おすすめ記事