【生薬解説】細辛(さいしん)とは

漢方事典

日本の本州、九州、朝鮮半島、中国に分布するウマノスズクサ科の多年草、ウスパサイシン(㊥華細辛Asarumsieboldii)の根および根茎を用います。
中国産はこのほかケイリンサイシン(㊥遼細辛A.heterotropoidesvar.mandshuricum)などいくつかの種類を使用しています。
日本では根と根茎と規定していますが、中国では近年まで全草を用いていました。
これらと近縁植物であるカンアオイA.nipponicum(杜衡)やフタバアオイA.caulescensの根は土細辛(どさいしん)と呼ばれて細辛の代用にされたこともありますが、香気や辛味は細辛より非常に劣ります。
細辛という名は根が細く、口に含むと口の中がシビレるような辛さがあるためです。根には芳香成分としてメチルオイゲノール、サフロール、アサリニンなどが含まれ、辛味成分としてはペリトリン、ヒゲナミンなどが含まれています。

細辛の精油には局所麻酔作用や解熱・鎮痛作用、降圧作用などが知られています。
またヒゲナミンは附子や呉茱萸、良姜などの温熱薬にしばしば含まれるアルカロイドとして注目されています。
なおウスパサイシンの地上部には腎障害を起こす恐れのあるアリストロキア酸が含まれているため、根および根茎のみを用います。

漢方では解表・祛痰・止咳・温裏・止痛の作用があり、感冒や喘息、頭痛、鼻炎、歯痛、神経痛などに用います。
欧米の民間でもヨーロッパサイシンA.europaeumやカナダサイシンA.canadensisを吐剤、利尿剤、頭痛薬として用いています。→杜衡(とこう)

発散作用

感冒による悪寒や頭痛、鼻症状に用います。発汗作用は強くないので他の発汗薬と併用します。
高齢者などの感冒でとくに悪寒症状の強いときには麻黄・附子などと配合します(麻黄附子細辛湯)。
水鼻を出すような鼻風邪には麻黄・桂枝などと配合します(小青竜湯)。

また小青竜湯や麻黄附子細辛湯はアレルギー性鼻炎にも効果があります。

鎮咳作用

多量の薄い痰の出る咳嗽・喘鳴に用います。気管支喘息や慢性気管支炎で白い稀薄な痰が出るような咳嗽・喀痰に乾姜・五味子などと配合します(小青竜湯)。
古くより「乾姜・細辛・五味子は痰飲による咳嗽の良薬」といわれ、肺の中の薄い分泌物(寒飲)を除くことを中国医学では温肺化飲といいます。

一般に気管支喘息の発作期には小青竜湯、緩解期には苓甘姜味辛夏仁湯を用います。

止痛作用

頭痛や歯痛、神経痛に用います。

慢性の頭痛や三叉神経痛などの激しい痛みに川芎・白芷などと配合します(清上蠲痛湯)。

歯痛には升麻・甘草などと配合して口の中に含む(立効散)、中国では細辛の局所麻酔作用は歯痛・口内炎に用いるほか、手術時の麻酔などにも応用されています。

凍瘡や神経痛など四肢が冷えて痛むようなときには当帰・桂枝などと配合します(当帰四逆加呉茱萸生姜湯)。

処方用名

細辛・遼細辛・北細辛・炙細辛・サイシン

基原

ウマノスズクサ科Aristolochiaceaeのケイリンサイシン

AsiasarumheterotropoidesF.Maekawavar.mandshuricumF.MaekawaまたはウスバサイシンAsiasarumsieboldiF.Maekawaの根をつけた全草(中国産)。日本薬局方では根および根茎を規定しています。

性味

辛、温

帰経

肺・腎

効能と応用

方剤例

九味羗活湯

①散寒解表
風寒表証の発熱・悪寒・頭痛・身体痛・鼻閉・脈が浮などの症候に、防風・羗活などと配合して用います。

②麻黄附子細辛湯
陽虚の外感風寒で悪寒・発熱・脈が沈・舌苔が白滑などを呈するときに、麻黄・附子などと用います。

温肺化飲

小青竜湯・苓甘姜味辛夏仁湯
寒飲による咳嗽・呼吸困難・希薄な痰などの症候に、乾姜・半夏などと使用します。

祛風止痛

①川芎茶調散、清上蠲痛(けんつう)湯
風寒の頭痛には、羗活・白芷・川芎などと用います。

②立効散
風火の歯痛には、白芷・升麻・石膏などと使用します。

③九味羗活湯・独活寄生湯
風冷の歯痛にも烏頭・乳香・白芷などと粉末にし、疼痛部にすりこむとよいでしょう。
風寒湿痺の関節痛には羗活・独活・防風・秦艽などと配合します。

その他

通竅の効能をもつので、副鼻腔炎(鼻淵)・鼻炎などの鼻閉に用いるほか、粉末を鼻中に吹きこんでくしゃみをさせることにより開関醒神(意識覚醒)させます。

臨床使用の要点

細辛は辛温で性烈であり、外は風寒を散じ、内は寒飲を化し、上は頭風を疏し、下は腎気に通じ、開竅・止痛にも働きます。
外感風寒の頭痛・身痛・鼻塞および寒飲内停の咳嗽気喘・痰多に対する主薬であり、とくに外感風寒に寒飲を兼ねる場合に適し、風寒湿痺の関節拘攣・疼痛にも用います。
また辛香走竄(そうざん)で粉末を吹鼻すると通竅取嚏(しゅてい)の効果が得られるので、開関醒神の救急に使用されます。

参考

①細辛は散寒の効力が強いが発汗力は弱いので、解表剤には主薬としては用いず、散寒・化飲・止痛などの効能を利用し、陽虚陰寒・寒飲の表証あるいは疼痛が強い表証に使用します。
また強い止痛の効能を目的に、寒熱のいずれであっても配合して用います。

②蜜炙(炙細辛)すると、温散の性質が減弱し、化飲止咳の効能が主体になります。

用量

1.5~3g、煎服。外用には適量。

使用上の注意

①辛散の性質が強く正気を損耗する恐れがあるので、気虚の多汗・陰虚火旺・血虚内熱・乾咳無痰などには禁忌。

②「細辛は一銭(3g)を過ぎるべからず」といわれており、過量に用いると死亡することもあります。

③藜芦に反します。

Pick Up!

関連記事