孫のオムツが取れたら今度は私!?︎ 大人の「夜尿症」の改善方法は?

体験談

朝起きると下着と布団が尿もれで濡れていることが増え、おちおち安心して眠ることもできない、加齢とともに寒い時期には就寝時にうっかり粗相してしまうことが増えた……。
50〜60代の閉経期世代の女性のなかには、このような「夜尿症」の症状に悩んでいる方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

こうした自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「夜尿症」をテーマに、内科医の田中先生にお話を伺ってみました。

​​朝起きるとお尻の辺りがしっとり…粗相続きの不安で眠れない!

芙美子さん(59歳女性)、主婦の方からご質問をいただきました。

娘夫婦と同居しており、3歳になる孫のお世話を楽しんでいる還暦間近の私。
実は、つい最近までおねしょを繰り返していた孫がやっと布団を汚さないようになったのもつかの間、今度は私がおねしょをする事態になってしまったんです。
もういい大人ですので、おねしょというよりは尿もれや夜尿症と言うべきなのでしょうが、ここ数週間でなんと3度も粗相をしてしまったんです。
朝、お尻あたりがやけにひんやりとしているのを感じるときのあの嫌な寝ざめを思うと、もう眠るのが怖いくらいです。最近では、不安のあまり夜中に何度も目が覚めてしまうことも度々で……。
還暦近いとはいえ、どこも具合が悪くないのに今からオムツ生活になるなど、まっぴらごめんです。それに、まだまだ気持ちは若いものですから、すっかり気落ちしてしまっています。
どうにかしてこの夜尿症を治して安眠したいのですが、何か良い方法はないでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
年齢を重ねるとともに、膀胱を支える筋肉の緩みが起こることは仕方がないのですが、実際に漏らしてしまうと、まさか自分が、という思いで不安になってしまいますよね。
今回は、夜尿症の原因や改善方法について詳しくお伝えしていきましょう。

骨盤底筋の緩みと自律神経の乱れが夜尿症の原因に

夜尿症とは、睡眠中に尿もれが起こる症状です。「おねしょ」といえば子ども特有のものと思われがちですが、夜尿症は加齢による骨盤底筋の緩みや自律神経の乱れ、冷えや睡眠習慣などによって大人にも起こるものです。
骨盤底筋を鍛えることや生活習慣の改善で症状が良くなることもありますが、過活動膀胱や糖尿病などによっても夜尿症になることもあるため、症状が長引く場合や膀胱の違和感を感じる場合は、早めに泌尿器科を受診し医師の診断を受けるようにしましょう。

また東洋医学では、五臓のうちの膀胱の働きをつかさどる「腎」の衰えから体内の「水(水分)」の代謝が乱れることによって夜尿症が起こると考えられています。

次の章では、「夜尿症」を改善するための具体的な方法をお伝えしていきます。

夜尿症を予防・改善するセルフケア3選

1.寝る前に水分を摂りすぎないようにする

就寝時の尿もれを防ぐためには、寝る直前に水分を飲みすぎないことが大切です。
寝る前に多くの水分を摂取することで、寝ている間に作られた尿が膀胱に貯めきれなくなってしまいます。
熱中症を避けるためにも、無理に水分摂取量を減らす必要はありませんが、寝る前の3時間は冷たい水分を控え、利尿作用のある緑茶やコーヒーを飲まないようにするだけでもずいぶん改善するでしょう。
就寝する前に必ず排尿し、尿を出し切っておくことや、寝冷えを防ぐことも大切です。

2.「腎気」を補う食材を積極的に摂りましょう

五臓六腑における「腎」は身体における水分代謝をつかさどっており、加齢や生活習慣から腎の力が衰えることで、夜尿症を含めた泌尿器系のトラブルが多くなります。
また、神経の高ぶりや精神的なストレス、不安感から「気」の巡りが滞ることも、膀胱に尿を貯めておけなくなり、頻尿気味になる原因になります。
症状改善のためにも、毎日の食生活の中で、「腎」と「気」を養う食材を積極的に摂るように心がけてみましょう。

◎腎気を養う食材
黒ゴマ、黒キクラゲ、昆布、黒米、ナッツ類、ニンニク、ニラ、人参、大根など

3.骨盤底筋を鍛えるエクササイズをする

膀胱を支えている骨盤の底にある筋肉「骨盤底筋」が加齢とともに衰え、尿道が緩んでしまうことも夜尿症の原因になります。
骨盤底筋の緩みの進行を抑え、改善するにはエクササイズによって骨盤底筋を鍛えることが大切です。
もっとも簡単な方法をご紹介するので、ぜひ日常生活の中に取り入れてみてくださいね。

①肩幅くらいに足を開いて立ち、お腹とお尻に手を当てる
②肛門と尿道、膣のあたりを意識してキュッと引き締める
③そのまま引き上げる感じで5秒維持し、その後、緩める動作を繰り返す
※1日10回程度から始め、慣れてきたら30回ほど繰り返してみましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

夜尿症を改善するためには、セルフケアや泌尿器科での治療に加えて、体質の改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。
特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)です。
神経の高ぶりから不安感からや夜尿症が生じている方の「気(生命エネルギー)」や「血(血液)」を巡らせることで症状を改善する効果があります。
また、体力がなく、膀胱症状に加えて手足のほてりや口の渇きなどのある方には、体内にこもった熱を冷まして症状を改善する六味丸(ロクミガン)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「あんしん漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。
自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。

エクササイズと生活習慣の改善で不安を払拭しましょう

今回は、夜尿症の改善方法や漢方薬をご紹介してきました。
症状の改善のためには、就寝前の水分摂取を控え、尿もれへの不安やストレスを溜め込まないこと、体を冷やさないようにすることが大切です。
また、加齢とともに衰える骨盤底筋をエクササイズによって鍛えることもぜひ実践してみてください。

こうした夜尿症にまつわる悩みには、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。
セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事