3連休を潰した憎き二日酔い…早く吐き気を解消する方法を教えて

体験談

お酒を飲んだ翌日に体や顔がむくんでパンパンになってしまった、つい飲みすぎてしまった翌朝から吐き気と頭痛が止まらずに寝込んでしまう羽目になった……。
30〜40代を中心とする幅広い世代の女性のなかには、こうした「二日酔いの吐き気」の症状に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

このような自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「二日酔いの吐き気」をテーマに、内科医の田中先生にお話を伺ってみました。

オンライン飲み会の翌朝の吐き気…大後悔の二日酔いをどう避ける?

菜津美さん(36歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

私の身に起こった大惨事を聞いてください! 先週末のことなのですが、連休前の金曜ということもあり、仲の良い同期4人とオンライン飲み会をしたんです。
いそいそとワインを冷やし、手作りのおつまみもちょっぴり用意して時間になるのを待つ私。
でも実は、「やっぱりオンラインじゃ盛り上がりにかけるかな」なんて思っていたんです。ところが、いざワインを片手におしゃべりし始めたらもう楽しくて!
終電も気にする必要がなかったせいか、嘘みたいに盛り上がって気づけば夜も更けていました。ようやくお開きになる頃には、まさにグデングデンの泥酔状態。
シャワーも浴びずにベッドに倒れ込み、翌朝、ひどい吐き気とだるさ、痛いほどの顔の腫れとともに目が覚めました。ふと周りを見渡すと、パソコンのモニターの前にはワインやチューハイの空き瓶が並んでいました……。
そんなに強くないのにどうしてこんなに飲んだのか、まさに後悔先に立たずです。その後、貴重な3連休のほとんどを吐き気とだるさに苦しみながら過ごしたのは言うまでもありません。
水ばかり飲んで疲労困憊の3連休、もっと早期に二日酔いを改善できたらせめて1日くらい楽しく過ごせたかと思うとやるせない気持ちでいっぱいです。
どうしたらこのひどい二日酔いをもっと早く改善することができたのでしょうか?
何か良い方法があったらぜひ教えてください。

ご質問ありがとうございます。
二日酔い対策には「飲みすぎない」ことが一番なのですが、楽しい会話で盛り上がっている時には、つい羽目を外して飲みすぎてしまいがちですよね。
今回は二日酔いによる吐き気の原因や改善方法について詳しくお伝えしていきましょう。

体内で産生するアセトアルデヒドや「水」の乱れが原因に

二日酔いのメカニズムは正確には解明されていませんが、飲酒によってアルコールが血液に吸収され、肝臓で分解される際に作り出される有害物質「アセトアルデヒド」の影響によって動悸やめまいなどさまざまな二日酔いの症状が起こると考えられています。
なかでも吐き気の症状はホルモン分泌の変化から脱水や低血糖が招かれることや、過剰な飲酒によって胃や腸の粘膜にダメージを与えてしまうことから生じることが多く、さらにアルコール摂取によって血液や体液が酸性に傾くことも吐き気や頭痛など二日酔いの症状を悪化させるといわれています。

東洋医学では、アルコールの利尿作用による脱水から喉が渇き、過剰に水分摂取をしてしまうことで「水(水分)」の偏りが生じて二日酔いが起こると考えられています。

次の章では、二日酔いを改善するための具体的な方法をお伝えしていきます。

二日酔いを予防&解消するセルフケア3選

1.飲酒は”食べ物とともにゆっくり”を心がける

アルコールの分解に関しては体質の差も大きいものの、二日酔いに関しては、アルコールの吸収スピードを抑えることで、ある程度軽減することが可能です。
一気飲みなどを避けるのはもちろん、水や炭酸水などを一緒に摂ることでアルコール分を体内で薄めるように工夫し、お酒はゆっくり少しずつ口に含むようにすると良いでしょう。
また、空腹状態の胃にお酒をいきなり入れないようにし、食事やおつまみとともに楽しむように心がけることも大切です。

2.生の生姜を使ったドリンクで水分補給を

水分の摂りすぎはむくみの原因にもなりますが、二日酔いの原因物質といわれるアセトアルデヒドやアルコールを分解するためには水分摂取が必要です。
飲み過ぎた翌朝は、電解質を含むスポールドリンクなどを補給すると良いでしょう。
吐き気や胃の不快感を感じる場合には、生姜を使った飲み物もオススメです。
特に、甘酒や蜂蜜水に生の生姜をすりおろした絞り汁を入れて飲むと、吐き気を改善する効果があるため、ぜひ試してみてください。

3.炭水化物や果糖で脳にエネルギーを補給する

二日酔いの症状がつらい時には、脳にエネルギーを補給することで症状が軽減されることがあります。
吐き気がひどく嘔吐がある場合には無理に食事を摂る必要はありませんが、胃腸症状が落ち着いてきたら、消化の良いおかゆやうどんなどの炭水化物を少しずつ摂取するとよいでしょう。
また、果糖にも二日酔いを改善する効果があるため、バナナなどの果物を食べるのもオススメです。
ただしオレンジやグレープフルーツなどの酸味の強い柑橘系の果物は吐き気を悪化させてしまうこともあるため、吐き気が落ち着くまでは避けた方が良いでしょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

二日酔いによる吐き気を改善するためには、セルフケアに加えて、体質の改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。
特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、五苓散(ゴレイサン)です。飲酒によって体内の水分バランスが乱れ、吐き気やむくみなどが起こる方の「水毒」を解消して二日酔いの症状を改善する効果があります。
また、飲むと顔の赤みやほてりが強くなり、頭痛などの症状もある方には、体内の過剰な熱を鎮めて体内の有害物質を解毒してくれる黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「あんしん漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

お酒は食事とともにゆっくり楽しむようにしましょう

今回は、二日酔いによる吐き気の改善方法や漢方薬をご紹介してきました。
症状の改善のためには、飲酒の際にアルコールを急激に摂取しないように心がけ、ゆっくりと食事とともにお酒を楽しむことが大切です。
飲酒の翌日は体が脱水症状になっているため、適切に水分摂取をすることも心がけましょう。
また、こうした二日酔いの悩みには、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事