• HOME
  • 記事
  • 体験談
  • キラキラなママ友に馴染めず孤立…自律神経失調でうつうつとした日々

キラキラなママ友に馴染めず孤立…自律神経失調でうつうつとした日々

体験談

睡眠不足と疲労からストレスが溜まり過ぎて仕事中のイライラが止まらない、育児の悩みから夜も眠れず、日中も気持ちがふさいで憂うつな気持ちになってしまいがち……。
30〜60代の幅広い世代の女性の中には、こうした「自律神経失調による憂うつやイライラ」に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

このような自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「自律神経失調による憂うつやイライラ」をテーマに、内科医の田中先生にお話を伺ってみました。 

ネガティブまっしぐら! 自律神経失調によるメンタル不調の解消法は?

美紀さん(41歳女性)、主婦の方からご質問をいただきました。

ずいぶん長い間不妊に悩み、30代半ばを過ぎてやっと長女を出産して母になることができた私。
赤ちゃんの頃はただただ愛おしくて、どんなに育児が大変でもつらいと思ったことすらなかったのですが、娘が3歳を迎えて幼稚園に入学してからというもの、周りのママ友たちとうまくやっていくことができず、それが大きな悩みになっています。
特に娘と同じ組のママたちは年齢も若く、美意識の高そうな”キラキラ”したママばかり。
横に並んだら地味なオバサンでしかない私は、なかなか彼女たちの輪の中に入っていくことができなかったんです。勇気を出して話しかけてもなかなか話も盛り上がらず、そうこうしているうちにどんどん距離ができてしまって……。
最近では夜もうつうつとしてなかなか眠れず、げっそりした顔で幼稚園に送っていく日々。
私の気持ちに気づきもせずにはしゃいでいるママたちを見るたび、毎日イライラが募って仕方がありません。私自身がうまくやれないことはともかく、そのことで娘がお友だちの家に呼ばれなかったり、仲良くできない状況になるかもしれないと思うと本当につらくて! 
連日の寝不足や食欲のなさでネガティブな方向に気持ちが向いてしまうせいか、夫にもイライラをぶつけてしまい、だるさと憂うつ感で家事をするのもおっくうな状態になってしまいました。一体どうしたらこの状況を改善できるでしょうか。

ご質問ありがとうございます。
自律神経の乱れが継続するほどに、メンタル面での不調だけでなくさまざまな体調面での不調や病気を引き起こすこともあるため、早めに対処することが大切です。
今回は自律神経の失調による憂うつやイライラの原因や改善方法について詳しくお伝えしていきましょう。

交感神経と副交感神経のバランスの悪化が原因に

自律神経は、昼の活動時に活発モードになる「交感神経」と夜の安静時にリラックスモードになる「副交感神経」という2種類の神経から成り立ち、体内のさまざまな生命活動を調整するために終日働き続けている神経です。
通常はこの2つの神経が交互にバランスをとりながら切り替わりますが、ストレスの蓄積や不規則な生活によってこのバランスが損なわれると、神経のバランスが乱れ、精神面・肉体面ともにさまざまな不調が起こります。

特に女性は、月経や妊娠・出産や更年期などによって女性ホルモンの変動が激しく起こることもあり、状況や体質、体調によって憂うつ感やイライラなどの精神症状が強く出ることもあります。悪化するとうつ病やパニック症などに発展する場合もあるため、セルフケアで効果が見られない場合は精神科や心療内科での治療を受けるようにしましょう。

また東洋医学では、ストレスから「気(生命エネルギー)」の巡りが悪化し、体内の「気」、「血(血液)」、「水(水分)」のバランスが悪くなることでさまざまな体調不良が生じると考えられているため、症状の予防には「気」を巡らせる漢方薬も有効だと言えるでしょう。
次の章ではこのような「自律神経失調による憂うつやイライラ」を改善するための具体的な方法をお伝えしていきます。

自律神経失調による不調を改善する対処法3選

1.不摂生を避け、生体リズムを乱さないこと

寝不足や不規則な生活などの不摂生によって本来の生体リズム(体内時計=サーカーディアンリズム)が崩れると、自律神経のバランスが乱れる原因となってしまいます。
日中にだるさや眠気を覚えたまま仕事や家事を続けると、ストレスが増幅して憂うつ感やイライラを感じやすくなるため、できるだけ決まった時間に起床・食事・就寝をして規則正しい生活を送るようにしましょう。
日中に疲労感や眠気を感じる場合は昼寝も有効ですが、時間は30分以内にとどめ、夜の睡眠の妨げにならないようにすることが大切です。

2.日光を浴びて適度な運動をしましょう

ストレスがかかると体や気持ちに力が入り、筋肉がこわばったり血の巡りが悪くなったりして倦怠感やストレスを感じやすくなります。
毎日の生活の中に10〜20分程度のウォーキングやスクワット、縄跳びなどの適度な有酸素運動を取り入れ、リフレッシュするようにしましょう。
また、日の光を浴びることで、精神を落ち着ける効果のあるセロトニンの分泌も促進されるため、お天気の良い日は屋外で運動をするのもオススメです。
憂うつやイライラ感を感じるときほど家に引きこもらず、負担にならない程度に日光や外の空気に触れるようにしましょう。

3.カルシウムを積極的に摂りましょう

自律神経の乱れによる憂うつ感やイライラ感を抑えるためには、栄養バランスのとれた食事を摂ることも大切です。
特に牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品や小魚、小松菜やほうれん草などの野菜に多く含まれるカルシウムは、神経の伝達に重要な役割を果たし、神経細胞の興奮を抑える働きがあるため、積極的に摂ると良いでしょう。
また、ビタミンB1やビタミンCの不足もイライラのもとになるため、あわせて毎日のメニューに取り入れてみてください。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

自律神経失調による憂うつやイライラを改善するためには、セルフケアに加えて体質の改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。
特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)です。神経質で些細なことが気にかかり、胸が苦しくなる方の「気」を巡らせ、自律神経をつかさどる「肝(かん)」の働きを良くする効果があります。
また、心身の疲労から不眠や熟睡できない症状のある方には、神経の高ぶりを鎮め、不眠症状を改善する効果のある酸棗仁湯(サンソウニントウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「あんしん漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

生活の乱れは心の乱れ、不摂生を避け規則正しい生活を!

今回は、自律神経失調による憂うつやイライラの改善方法や漢方薬をご紹介してきました。
症状を改善するためには、睡眠不足や不摂生な生活を避けて栄養バランスのとれた食事をとること、適度な運動を心がけることで、乱れた生体リズムを正していくことが大切です。
こうした自律神経の失調にまつわる悩みには、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事