まるで梅干しのタネみたい!?︎ だるんと垂れる「たるみ毛穴」に焦る日々!

体験談

年齢を重ねるほどにフェイスラインの崩れを感じ、たるみ毛穴も気になるようになってきた、日に焼けてしまいがちな頬の部分の毛穴のたるみが特に目立つ気がする……。
40代~60代の女性の中には、こうした「毛穴のたるみ」に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

このような自分ではどうにもならないつらい症状の緩和や体質改善には、漢方薬がよく効くことをご存知でしたか? 
「健タメ!」では、読者からの体験談をもとに、お悩みに関する原因や対処法を医師がお答えしていきます。

今回は「毛穴のたるみ」をテーマに、内科医の田中先生にお話を伺ってみました。 

年齢とともに目立ってくる毛穴のたるみ…正しいケア方法を教えて!

美菜子さん(50歳女性)、会社員の方からご質問をいただきました。

40代半ばを過ぎた頃から、鏡を見るたびになんとなくフェイスラインが崩れてきたな、と感じてはいたのですが、顔のたるみとともに毛穴もだるん、と縦に長い形になってきていることに最近気がつき、なんだか無性に焦っています。
年齢を重ねるのは仕方がないにしても、梅干しのタネのような楕円形の毛穴が目立つ年齢肌の足音が聞こえてきた、と思うと気が滅入ってしまって……。
ドラッグストアで「毛穴ケア」と名のつくものを片っ端から試してみているのですが、毛穴が引き締まるどころか、どうも肌の突っ張りを感じることが増え、肌の状態もひどくなっているような気がしてなりません。
なんでかしら、と不思議に思っていた時に、久しぶりに帰省した娘から「ねえママ、なんでティーンエイジャー向けの洗顔料なんて使ってるの? これ、皮脂たっぷりでニキビができるような青春してる世代用のだよ」という衝撃の一言が!
なんでも、私くらいの世代の毛穴と若い子の毛穴ケアは全く違うらしく、私が選んでいたスキンケアコスメはことごとく若い子の毛穴悩みのものだったようなんです。
とんでもない間違いを犯していたことには気づいたものの、いったいどうケアしていけばいいのかわかりません。少しでもたるみケアの進行を止め、なんとか目立たなくしたいのですが、一体どうすれば良いのでしょうか?

ご質問ありがとうございます。
しずく型に垂れ下がったような楕円型の毛穴は、加齢による肌のハリや弾力の低下による肌のたるみにともない、毛穴も細長く下に伸びてしまうことで生じるものですので、過剰な皮脂が主な原因の毛穴悩みとは、異なる対策が必要になります。
今回は、こうした毛穴のたるみの原因や改善方法について詳しくお伝えしていきましょう。

毛穴のたるみは紫外線や乾燥ダメージによる肌老化が原因

加齢に加え、紫外線によるダメージや肌の乾燥から肌内部のコラーゲンやエラスチンなどの成分が減少すると、肌のハリが失われて肌は徐々に下垂し、たるんでいきます。
こうして肌のたるみが進行する際に、毛穴も下に引っ張られて縦長になってしまうことが「たるみ毛穴」の原因です。若い世代の丸く開いた毛穴と違い、たるみ毛穴は頬を持ち上げると毛穴が目立たなくなるという特徴があります。

また、東洋医学では毛穴のたるみを改善するには、体内の「気(生命エネルギー)」「血(血液)」「水(水分)」の崩れたバランスを整えることで皮膚の代謝を良くし、過剰な皮脂分泌を抑えて正常な状態に戻すことが必要だと考えられています。

次の章ではこのような「毛穴のたるみ」を改善するための具体的な方法をお伝えしていきましょう。

毛穴のたるみを改善する3つのセルフケア

1.乾燥させないクレンジング&洗顔を心がける

毛穴汚れをスッキリさせようとするあまり、皮脂汚れを落とす効果の高いオイルクレンジングや刺激の強いスクラブ洗顔を毎日の洗顔に取り入れるのはやめましょう。
過剰な皮脂分泌によりオイリーに傾きがちな若い頃の毛穴と違い、40代以降は肌の内部も乾燥しがちなため、たるみ毛穴を悪化させてしまうことが多いのです。
洗顔時は、必要な皮脂まで落としてしまうさっぱりとした使用感のものは避け、ミルクタイプのクレンジングでメイク汚れを浮かせて落とし、保湿成分の入った洗顔料をよく泡立てて、こすらないように優しく洗うこと。熱すぎるお湯は肌の乾燥を招くため、人肌程度のぬるま湯で丁寧に洗い流すようにしましょう。

2.洗顔後は念入りな保湿ケアを

加齢の象徴ともいえる楕円形のたるみ毛穴を目立たなくするには、たっぷりと保湿して肌のハリやふっくらとした弾力を蘇らせるのが一番です。
洗顔後の肌はあっという間に乾燥してしまうため、時間を置かずに保湿力の高い化粧水で肌をケアするようにしましょう。
また、肌のバリア機能をサポートするためには、化粧水だけで済ませず、乳液やクリームで潤いにフタをすることも大切です。毛穴のたるみが気になる部分には、乳液を浸したコットンを貼り付け、5分ほど置いて保湿パックをするのもオススメです。

3.年間を通して紫外線対策を欠かさない

たるみ毛穴の悪化を防ぐためには、紫外線対策をしっかり行うことも必要不可欠です。
紫外線は肌の奥にあるコラーゲンの破壊や変形を招き、たるみ毛穴を悪化させる要因になります。
日差しの強い真夏以外でも、紫外線は年間を通して降り注いでいるため常に対策を心がけるようにしてくださいね。日焼け止め下地を塗るのはもちろん、日傘や帽子、サングラスなども活用してできるだけ顔に紫外線を浴びないようにしましょう。

根本的な体質改善には漢方薬が効果的!

毛穴のたるみを改善するためには、セルフケアに加えて、根本的な改善を目的としている漢方薬の服用もオススメです。

特に、今回の相談者様のような症状に悩む方に適した漢方薬は、桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンヨクイニン)です。毛穴のたるみとともに肌のハリや潤い不足が気になる方の「気」や「血」の巡りを良くして肌に栄養を行き渡らせる効果があります。
また、紫外線ダメージによる肌にゴワつきやたるみを感じる方には、顔に溜まった余分な熱を冷まして「気」を巡らせ、肌の不調を改善する荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)も良いでしょう。

自分の症状や体質にぴったりマッチした漢方薬を選ぶのは難しいと感じがちですが、「あんしん漢方」では、お悩みの症状を元にAIがあなたにぴったりな漢方薬をご案内しています。自宅にいながら気軽に始められますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あんしん漢方のサービス紹介はこちらをご確認ください。
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

肌に潤いとハリを与えてたるみ毛穴の進行をストップ!

今回は、毛穴のたるみを感じる方のためのセルフケアや漢方薬をご紹介してきました。
症状の改善には、日々のお手入れで正しい洗顔と肌に潤いとハリを与えるスキンケアを継続し、紫外線によるダメージを受けないようにすることが大切です。
また、こうした毛穴のたるみの症状改善には、漢方薬が大きな効果を発揮した例もたくさんあります。セルフケアを試してもなかなか改善しない場合は、ぜひお近くの漢方医や漢方薬局に相談してみてくださいね。

Pick Up!

関連記事